TEL
2021年05月12日
不動産売買の知識

(第11回) 不動産売買の流れ【マイホーム売買の基礎講座】

こんにちは。宅建マイスター・ゆめ部長です。今回は「マイホーム売買の基礎講座 第11回 不動産売買の流れ」を一緒に勉強していきましょう!

 

目次はこちら!!

全部で3項目です。

それでは、まず、「不動産購入の流れ」からいってみましょう!

【1】不動産購入の流れ

不動産購入のおおまかな流れは次の通りです。

 

不動産屋さんへ問い合わせ

希望条件整理(予算・エリア・駅距離・広さ・希望の順位付け)

内覧

住宅ローン事前審査

諸条件交渉

重要事項説明、売買契約、手付金支払い(仲介手数料半金)

住宅ローン本審査

現地立会い

ライフライン利用手続の連絡、引越準備

残代金決済(住宅ローン融資実行・残代金と諸費用支払い・登記手続き)

確定申告

 

お客さまによって、購入する物件によって、流れは変わってきますので、不動産屋さんからしっかり説明を受けてください。

 

完成済みの新築戸建であれば引渡までは1ヶ月くらいです。中古物件であれば1ヶ月~1ヶ月半後くらいが多いです。なお、建築中ではない場合、3ヶ月以上先の引渡しは好ましくないことを覚えておいてください。勤務先の問題・金利上昇・自然災害や疫病の流行なども考えられますからね。

【2】不動産売却の流れ

不動産売却のおおまかな流れは次の通りです

 

3社~5社くらいに机上査定依頼

訪問査定で不動産屋さんを決める

物件資料準備・本人確認・媒介契約締結

写真撮影・販売図面作成

レインズ登録・販売スタート

内覧

購入申込

諸条件交渉

売買契約・手付金受領(仲介手数料半)

住宅ローン審査内定

抵当権抹消準備

現地立会い

ライフライン解約・引越準備

残代金決済(残代金受け取り、住宅ローン一括返済、登記手続き)

確定申告

 

インスペクション(住宅診断)、測量、増築登記、建物解体など、売却するお客さまによってやるべきことが増える場合もあります。

【3】不動産買替の流れ

住み替えで購入と売却を行う場合は

 

売却先行

購入先行

 

の2つにわかれますので見てみましょう。

売却先行

 

パターン1…引越:2回

 

マイホームを売却・引渡

 ↓

賃貸へ引越

 ↓

新居購入・再度引越

 

パターン2…引越:1回だけ

 

マイホーム販売活動 + 新居探し

 ↓

マイホーム売却契約

 ↓

新居購入契約

 ↓

新居引越・マイホーム引渡(同日が多い)

 

売却の決済を午前中に行い、購入の決済をお昼に行うことが多いです。

 

皆さん、引越の手間と費用を考えてパターン2を狙いますけど、ゆめ部長はパターン1をオススメしています。なぜなら、パターン2は、マイホームを購入してくれた買主さまが崩れると自分の住み替え先の契約にまで影響が出る可能性があるからです。

 

メリット・デメリットの詳細は基礎講座では触れません。別の動画で解説しますので、そちらで勉強してみてくださいね!

購入先行

 

パターン1…新居へ引越してから売却

 

新居購入

 ↓

新居へ引越

 ↓

空室でマイホーム売却

 

新居購入の住宅ローン融資実行から、現在のマイホーム売却・住宅ローン一括返済まで銀行から猶予期間をもらえた場合です。半年とか、1年とか、特に期限なしとか、金融機関やお客さまの条件によって異なります。

パターン2…購入契約した後すぐに売却

 

新居購入の売買契約

 ↓

マイホーム売却の売買契約(すぐに買手が見つかった!)

 ↓

【1】同日中に、新居引越 +マイホーム引渡   (引越:1回)

【2】新居引越  ⇒  後日マイホーム引渡   (引越:1回)

【3】マイホーム引渡  ⇒  後日新居引越   (引越:2回)

 

この動画はマイホーム売買の基礎講座ですから、ザックリ、こんな流れになるんだなぁ~ということを知っておいてもらえたら十分です。詳しいことは別の動画・ブログで一緒に勉強していきましょう!

 

というわけで、本日のお話はここまでです!引き続き、別の記事・動画で勉強をがんばってくださいね。ゆめ部長は皆さまの不動産売買が成功するように応援しています!!

他の基礎講座はこちら!

基礎講座を動画でもっと勉強したい人はこちら…

マイホーム売買の基礎講座【YouTube・全12回】まとめ

 

基礎講座をブログ記事で勉強したい人はこちら…

マイホーム売買の基礎講座・ブログ記事一覧

この記事を書いた人
渡部 直人(ゆめ部長) ワタナベ ナオト
渡部 直人(ゆめ部長)
不動産取引の仕事一筋15年、仕事中心の生活をしてきました。ハッキリ言って仕事は趣味です(笑)でも…楽しく仕事をしている不動産業界には薄暗いイメージがあり、このままではダメだと思っています。そこで、ゆめ部長は考えました。お客さまが安心して取引できるだけでなく、才能あふれる人たちが楽しく働ける環境を作り、この暗いイメージを払拭・改善していこう!と。会社が幸せの発信基地になり、小さなHAPPYが拡がって欲しいと心から願っています。できることを1つずつ。コツコツ「幸せの種」をまいていきたいですね。
arrow_upward