株式会社 麻布ハウス
10:00~19:00
水曜日
2018年12月25日
不動産売買のお金

支払う仲介手数料と受けるサービスを「足し算」「引き算」して考えよう! 【オススメ記事】

仲介手数料は払いたくないけど、安心できるように完璧なサポートしてほしい…。という、ちょっと無茶な問い合わせが増えてきていると感じています。良いサービスには当然コストがかかりますから、仲介手数料を安くしながら、なんでもやる!ということだと過剰サービスで営業スタッフが苦しくなります。

 

そこで、どのサービスを受けたくて、どのサービスはいらないのか…?を考え、それに見合った仲介手数料を提示してくれる不動産屋さんを探す…というのはいかがでしょうか?この記事で一緒に考えてみましょう。

 

不動産業界15年・宅建マイスター・2級FP技能士の「ゆめ部長」が心を込めて記事を執筆します!それでは、さっそく目次のチェックからいってみましょう~

 

【目次】

1.  仲介手数料とは…?

2.  仲介手数料で差別化を図る不動産屋さんが増えた!

3.  麻布ハウスの仲介手数料とサービスを紹介します!

4.  仲介手数料に含まれるサービスを確認しよう!

5.  不動産屋さんのサービスを比較して考えてみる!

6.  最後に…

仲介手数料とは…?

仲介手数料というのは、売主さま または 買主さまの不動産売買をお手伝いした時に不動産屋さんがもらう報酬のことで、宅建業法で「成約価格×3%+6万円」が上限だと定められています(物件価格が400万円以上の場合)。

 

例えば、4,000万円の物件で計算してみますと…

 

(5,000万円×3%+6万円)×1.08=136万800円です。消費税が10%になれば、138万6,000円となります。

 

両方からもらえば「両手仲介」で277万2,000円

どちらかだけなら「片手仲介」で136万800円

 

他の記事で何度も書いていることになりますけど、仲介手数料は法律でもらえる「上限」が定められているだけですから、無料でも定額制でも特に問題ありません。

仲介手数料で差別化を図る不動産屋さんが増えた!

仲介手数料額を上限よりも安くすることで差別化を図る不動産屋さんが増えてきています。仲介手数料は大きく4つに分けらえると思いますので紹介しますね。

 

■ 上限の「3%+6万円」

■ 半額の「1.5%」・もっと安い「0.7%」とか

■ 無料

■ 定額制(498,000円・324,000円など)

 

当然のことながら、仲介手数料が上限の「3%+6万円」なら、大手ブランドの安心感を得ることができますが、半額や定額制を利用したい場合は大手ブランドを諦めなければいけません。

 

三井・住友・野村・東急などのブランド維持には莫大なコストがかかっているわけですから、仲介手数料は払いたくないけど大手にお願いしたい!というのは難しいと言えます。

 

仕事の質で見てみますと、最近は「安かろう悪かろう」ではなく、仲介手数料は安くしておきながら高いレベルのサービスを提供しようと頑張っている会社も出てきています。

 

しかし、そのような会社で働いた私の経験を話しますと、仕事をしている営業さんの負担が極めて大きく、会社のフォローがなければ成り立たないと感じました。

 

私は年間4,000時間以上も働いていましたけど、稼げていた20代よりも年収は少なくなったことに愕然としました。「手数料が安いのにレベルが高いサービス」を実現するには会社の理念や組織の団結力が必要です。まだ今の不動産業界で実現するのは難しいと思いますが、いずれ不動産テック(リアルエステートテック)の流れで実現されていくことを期待しています。

 

ちょっと話がそれましたので戻します。

 

私が言いたいことは、1つの取引で両手仲介なら、仲介手数料が最大で「成約価格の6%+12万円」になるところ、片手仲介で0.7%とか、低額な定額料金32,4000円とかでは責任のある仕事をすることができない!ということです。

 

最大6%を0.7%だけなら…驚愕の「88%OFF」!

 

「低率な定率制」・「低額な定額制」にサービスを求めすぎたらいけません。逆に、自分を守るために、知識をつけて自分で行動する!という覚悟がなければ、雑なサポートで価格交渉をしてもらえず、住宅ローンも不利な条件になってしまった…ということにもなり得るのです。

 

最後に仲介手数料「無料」について説明します。これは、どちらか一方を無料にする代わりに、もう一方からは「3%+6万円」をもらうことで成立しています。そのため、実は1取引で3%は確保していることになります。

 

まとめますと、4つの中で1番報酬が低くなる可能性があるのは、2番と4番になります。重要なポイントは、仲介手数料無料が1番怪しいと考えるのは間違っている!ということですね。

麻布ハウスの仲介手数料とサービスを紹介します!

麻布ハウスのサービスを説明しますので、上記の4つと比較してみてください。

 

私たちは「仲介手数料の選択制」を採用しました。つまり、仲介手数料「3%+6万円」か「無料」のどちらか好きな方を選んでね!ということなのですが、どちらも魅力的なサービスになっているんですよ!

 

1つ目は、売主さまだけの味方をする「セラーズエージェント」。売主さまを麻布ハウスが担当し、買主さまを他の不動産屋さんが担当します。

 

麻布ハウスは売主さまからだけ仲介手数料をもらい、買主さまの仲介手数料は他の不動産屋さんがもらいます。そのため、売主さまを守り、売主さまの利益を優先することだけに集中できるのが最大のメリットです。私たちが必ず良い条件での成約を勝ち取り、仲介手数料に見合う結果を実現させてみせます!

 

なお、ポータルサイトに丁寧な情報を掲載してほしい!という要望がある場合には、両手仲介になりますけど、現地を実際に見に行き、周辺環境をお散歩しながら写真撮影をしたスタッフがポータルサイトへ登録することもできます。

 

ここで説明すると長くなりすぎますので、詳細は下欄のリンク先でチェックしてもらえると嬉しいです!

 

2つ目は、売却をお得に実現する「仲介手数料0円売却

 

このプランでは、買主さまを麻布ハウスが探し、その買主さまから「3%+6万円」の仲介手数料をもらいますので、売主さまの仲介手数料は無料で構わないですよ!というサービスです。

 

麻布ハウスのスタッフは、レベルの高い写真と動画、コメント力を駆使して、買主さまを探すことが得意で実績もたくさんあります。「売却力」があるからこそできるサービスだと自信を持っているプランになります!

 

「物件の囲い込み」をすることにはなりますが、このデメリットを大幅に減らすことは可能です。詳細は下欄のリンクをチェックするか、お会いした時に説明する時間をください。

 

「ライフステージに合わせてどんどん住み替えること」を提案したいので、仲介手数料が原因で住み替えできない…という問題を解決したいと考えています。

仲介手数料に含まれるサービスを確認しよう!

仲介手数料はかなり高額ですよね。

 

3,000万円 なら 約104万円

5,000万円 なら 約168万円

1億円          なら 約330万円

 

両手仲介なら、不動産屋さんの報酬は驚きの2倍です!

 

では、この仲介手数料にはどのようなサービスが含まれているのでしょうか…?箇条書きでザックリと列挙してみます。

 

■ 机上査定・訪問査定

■ 写真撮影・間取図作成・販売図面作成

■ レインズ登録(物件情報の拡散)

■ 付帯設備表・物件状況報告書作成

■ 評価証明書を都税事務所で取得

■ 管理会社から重要事項調査報告書などを取得

■ 自社Webページやsuumoなどのポータルサイト掲載

■ 現地内覧の日程調整

■ 現地内覧の立会い

■ 内覧結果の報告

■ 定期的な媒介報告

■ 条件交渉

■ 物件調査

■ 売買契約書類作成

■ 売買契約立会

■ 抵当権抹消手続きのサポート

■ 引渡前の現地立会

■ 引渡手続きのサポート

■ 残代金決済

■ 確定申告のお知らせ  

 

などなど。上記は「売却」する場合で、はじめましてのご挨拶~お引き渡しまでの仕事になります。1つの契約をすると結構忙しくなるものなのです。

不動産屋さんのサービスを比較して考えてみる!

上記のような仕事を見てみると、1つの取引での報酬が定額「30万円」では割に合わないことを理解してもらえるかと思います。別に仲介手数料を安くすることが悪いとは思いませんが、「それなりのサービス」であることを覚悟・理解して利用するようにしてください。

 

「それなり」であることがわかっていれば、過度な期待によるムダなトラブルに巻き込まれずに済む可能性が高まります。「不動産屋さんを信じていたのに(怒)」なんて言いいながら他社さんへの怒りを私に投げつけてくる人がいますけど、それはハッキリ言うと自己責任であり、受けるサービス内容の調査不足だと思います!

 

自己防衛のためには自分で積極的に情報を取りに行くしかありません。

 

仲介手数料の差別化は先ほどまとめましたので、今度は不動産屋さんのサービスを比較してみましょう。

 

■ 新聞折込広告・チラシポスティング・現地販売会開催

■ 広角カメラの写真・動画・VR内覧

■ 現地詳細レポート

■ ホームステージング

■ 住宅診断 + 瑕疵保険

■ 設備チェックと設備保証

税理士・弁護士無料相談

 

大手の場合は住宅診断・設備保証を付けてくれることが増えました。また、物件価格がある程度高ければホームステージングを無料で行ってくれることもあります。

 

中堅の会社はチラシポスティング・オープンハウス開催などのアナログな販売活動にも積極的です。また、違法ですけど…電柱へのチラシ貼りをしてくれることもあったり。大手と中堅は仲介手数料が上限になることが多いですけど、いろんなサービスが付いてくることが多いのが魅力的ですね。

 

では、麻布ハウスはどうなるのか…?私たちは大手・中堅と違い「高値・早期」の売却実現を最優先しています。

 

私たちのサービスでは、大手ブランドによる安心感や保証サービスはないですし、中堅会社のアナログな売却活動は経費がかかりすぎてできません。

 

そのため、麻布ハウスのサービスは大手・中堅会社のサービスから「ひき算」になります。しかし、「写真・動画」などの質は「足し算」になります。また、質が高くて根気強いサポートは大手の営業さんに負けない自信がありますから、この点も「足し算」になります。

 

このように、仲介手数料の中でどのようなサービスを受けたいのかを考えてみてください。大手のいいところ・中堅のいいところ・小さい会社のいいところを全て取り込んで欲しいという要望は「3%+6万円」では絶対に実現できないということを知っておいてくださいね。

 

まして、仲介手数料半額や定額制では100%ムリです!

 

追記…

他社さんのWebページを見ていたら…「仲介手数料無料」だけど「事務手数料20万円(税別)」が必要だと書いてありました。魅力的なサービスの裏でこのような費用を請求される可能性があるので注意してくださいね。心配なら、絶対安心な麻布ハウスへ(笑) 

最後に…

仲介手数料とサービスを「足し算と引き算」で考える。う~ん…なんかすごくいい記事を書いた気がして大満足です!というわけで、最後にもう1度だけ営業を許してください (笑)

 

大手の安心はいらないし、今どきポスティングやオープンハウスなんていらない!だから仲介手数料を無料にしてほしい!そんな時は麻布ハウスの「仲介手数料0円売却」を検討してください。

 

また、写真や動画を丁寧に撮ってほしい・自分だけの味方になってほしい・物件の囲い込みをしないで欲しい!という場合は「セラーズエージェント」がオススメです。

 

私たちのことを選んでもらえなくても、この記事が参考になって皆さんの売却が納得できるものになれば嬉しいです。応援していますので、がんばってくださいね!

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。よかったら、Twitterもフォローしてください!!

仲介手数料の適正化【不動産業界の改善点 2 】
徹底的に学ぶ仲介手数料のキソ知識【保存版】
これを読めば損をしない!宅建マイスターが解説する「仲介手数料」
この記事を書いた人
ゆめ部長 ユメブチョウ
ゆめ部長
不動産のことが大好き!宅建マイスター&2級FP技能士の「ゆめ部長」です!営業スタッフとして、たくさんのハッピーなご縁を結ぶ経験を積んでから、「Webページ製作スタッフ」 兼 「スペシャルエージェント」として活躍中♪毎日のお仕事に情熱をもってワクワク取り組んでいます!夢は、みんなに頼られる優しい不動産屋さんとしてTV出演すること!!

お問い合わせ【売却】

INQUIRY
プラン
お問い合わせ内容
必須
物件の種別
必須
必須
万円
必須
必須
必須
(入力ミスにご注意ください!)
必須
(確認用)
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します

お問い合わせ【購入】

INQUIRY
お問い合わせ内容
必須
必須
必須
必須
(入力ミスにご注意ください!)
必須
(確認用)
第1希望
-
-
第2希望
-
-
第3希望
-
-
マンション名(戸建ては住所)・物件価格でもOK
マンション名(戸建ては住所)・物件価格でもOK
マンション名(戸建ては住所)・物件価格でもOK
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します

お問い合わせ【買替】

INQUIRY
売却プラン
問合せ内容【売却】
必須
物件の種別【売却】
必須
必須
万円
問合せ内容(購入)
必須
物件の種別(購入)
必須
マンション名(戸建ては住所)・物件価格でもOK
マンション名(戸建ては住所)・物件価格でもOK
マンション名(戸建ては住所)・物件価格でもOK
必須
必須
必須
(入力ミスにご注意ください!)
必須
(確認用)
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward