株式会社 麻布ハウス
10:00~19:00
水曜日
2018年12月30日
不動産売買の知識

仲介手数料「無料」or「半額」の仲介会社は、何を基準にして無料か半額を決めているのか?実際に働いた経験から解説します!【購入編】

購入の仲介手数料が「無料または半額」というサービスを打ち出している会社があります。このような会社は、無料と半額をどのような基準で分けているのか…興味がありませんか?この記事を読めば、どういうケースで無料になるのかだけでなく、不動産取引の仕組みを理解することができます。きっと参考になるのでぜひご一読ください!

 

不動産業界15年宅建マイスター(上級宅建士)2級FP技能士の「ゆめ部長」が心を込めて記事を執筆します!それでは、さっそく目次のチェックからいってみましょう~


【目次】

1.  仲介手数料が無料になる場合

2.  仲介手数料が半額になる場合

3.  最後に…

仲介手数料が無料になる場合

上記の図は、一般的な不動産仲介の仕組みを説明したものです。不動産屋さん(仲介)は、左手の売主さま、右手の買主さまの両方から仲介手数料「成約価格×3%+6万円」をもらえるため、両手仲介を言われています。

 

新築戸建やリノベーション済みのマンションなどを購入するケースを思い描いてください。

 

この場合、不動産屋さんの仲介手数料は「成約価格×6%+12万円」になります。税抜きの仲介手数料を計算してみますと…

 

3,000万円の物件なら … 192万円

5,000万円の物件なら … 312万円

8,000万円の物件なら … 492万円

 

両手仲介をすることができれば、このような高額報酬を受領することができます。ということは…次の図のように、買主さまからの仲介手数料を無料にしたとしても、十分な報酬を受領できるわけです。計算してみますと…

 

3,000万円の物件なら …   96万円

5,000万円の物件なら … 156万円

8,000万円の物件なら … 246万円

 

この報酬で経営が成り立たないのであれば、経費を無駄に使い過ぎているか、経営陣の役員報酬が高すぎるのではないでしょうか…?

新築戸建やリノベーションのマンションを契約するとしても、全ての案件で仲介手数料を無料にできるわけではないことに注意が必要です。

 

売主の不動産会社は「成約価格×3%(税込)」の仲介手数料を支払うのが一般的です。しかし、利益が出なくて苦しい場合や、もともと仲介手数料は払いたくないという会社もいます。その場合は、3%(税込)ではなく、2%(税込)・1.5%(税込)・1%(税込)・または仲介手数料ナシなんて場合があります。

 

例えば、仲介手数料が1.5%(税込)ですと…

 

3,000万円の物件なら … 約  41.7万円

5,000万円の物件なら … 約  69.4万円

8,000万円の物件なら … 約111.1万円

 

の報酬だけになってしまいます。また、売主の不動産会社からの仲介手数料がナシの場合、買主さまの仲介手数料が無料なら、不動産屋さん(仲介会社)の報酬は0円となってしまい、仕事にならなくなってしまいます。

 

つまり、新築戸建やリノベーション済みのマンションを購入するからと言って、必ずしも仲介手数料を無料にできるわけではないということです!

 

参考知識…

「成約価格×3%+6万円(税別)」ではないのが実はイタイところです。また、仲介手数料は「上限」が決められているだけですから、割引きしたり、むりょうにすることは、法律上なにも問題はありません。

仲介手数料が半額になる場合

上記の図は1つの不動産取引に、2社以上の不動産屋さんが仲介するケースを説明したものです。麻布ハウスは右手の買主さまから、他社の不動産屋さんは左手の売主さまから仲介手数料をもらうので片手仲介と言います。

 

片手仲介で売買契約を成立させた場合、麻布ハウスが仲介手数料をもらえるのは、買主さまからだけになります。売主さまの仲介手数料は、上記「〇〇不動産」がもらうことになるからです。

 

この場合、麻布ハウスは、買主さまから仲介手数料をもらわないとタダ働きになってしまいますから、「成約価格×3%+6万円」の半分だけ、仲介手数料として請求することになるわけです。

 

両手仲介の仲介手数料が高すぎるため、仲介手数料を割り引いたり、無料にすることで差別化を図ることができるということでした。

 

また、先ほど両手仲介の後半で説明したように、売主の不動産屋さんから仲介手数料をもらえない場合も、この片手仲介と同じ扱いになります。

最後に…

仲介手数料が無料になる場合、半額になる場合の仕組みを理解することができると、そんなに怪しいサービスではない…ということを理解してもらえるかと思います。

 

「本当に半分の報酬でやっていけるの…?」そんな疑問もあるかもしれませんが、少なくとも、平均単価が高いエリアで仕事をしている限り、成約価格×6%という高額すぎる報酬がなくても、仕事をしていくことは可能です。まぁ、平均価格が2,000万円を切るようなエリアでは実現できないと思います。

 

麻布ハウスは不動産売却をメインにしていますが、お買い替えをされるお客さまのために、購入物件を仲介手数料無料 or 半額でお手伝いしています。手数料無料で売却を実現させて、仲介手数料無料で購入できれば、とってもお得になりますね!私たちは一所懸命なお客さまを徹底的にサポートします!

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。よかったら、Twitterもフォローしてください!!
仲介手数料「無料」「半額」はどうやって決まる?(売却編)
仲介手数料無料・半額の会社で働いた経験からサービスの質と問題点を語ります!
この記事を書いた人
ゆめ部長 ユメブチョウ
ゆめ部長
不動産のことが大好き!宅建マイスター&2級FP技能士の「ゆめ部長」です!営業スタッフとして、たくさんのハッピーなご縁を結ぶ経験を積んでから、「Webページ製作スタッフ」 兼 「スペシャルエージェント」として活躍中♪毎日のお仕事に情熱をもってワクワク取り組んでいます!夢は、みんなに頼られる優しい不動産屋さんとしてTV出演すること!!

お問い合わせ【売却】

INQUIRY
プラン
お問い合わせ内容
必須
物件の種別
必須
必須
万円
必須
必須
必須
(入力ミスにご注意ください!)
必須
(確認用)
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します

お問い合わせ【購入】

INQUIRY
お問い合わせ内容
必須
必須
必須
必須
(入力ミスにご注意ください!)
必須
(確認用)
第1希望
-
-
第2希望
-
-
第3希望
-
-
マンション名(戸建ては住所)・物件価格でもOK
マンション名(戸建ては住所)・物件価格でもOK
マンション名(戸建ては住所)・物件価格でもOK
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します

お問い合わせ【買替】

INQUIRY
売却プラン
問合せ内容【売却】
必須
物件の種別【売却】
必須
必須
万円
問合せ内容(購入)
必須
物件の種別(購入)
必須
マンション名(戸建ては住所)・物件価格でもOK
マンション名(戸建ては住所)・物件価格でもOK
マンション名(戸建ては住所)・物件価格でもOK
必須
必須
必須
(入力ミスにご注意ください!)
必須
(確認用)
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward