TEL
2018年12月30日
ゆめ部長ブログ

仲介手数料半額で中古戸建の購入をサポート!住宅ローン費用も節約して約200万円お得になりました!

ゆめ部長は、買い替えのお客さまなら、住み替え先のマイホームは仲介手数料無料 または 半額で購入をサポートしています。今回はゆめ部長がサポートしてマイホームを購入したお客さまがどれだけお得に購入できたのか!?を紹介したいと思います!

 

ゆめ部長の仕事っぷりを確認してみてくださいね。

 

追記(2020年5月11日)…

消費税を8%で計算していましたので10%に修正しました。

 

不動産業界15年宅建マイスター(上級宅建士)2級FP技能士の「ゆめ部長」が心を込めて記事を執筆します!それでは、さっそく目次のチェックからいってみましょう~

大幅値下がり後なのに、さらに40万円の価格交渉に成功!

今回購入をサポートした中古戸建は、2か月前に初めて内覧したときから気に入ってもらえていましたが「少し予算オーバー…」で保留にしていた物件でした。

 

この中古戸建の値段は妥当だと思いましたが、前面道路がバス通りであることがネックになり、なかなかお申込みが入らなかったそうです。売主さまが焦り始め「そろそろ売ってしまいたい!」ということになり、なんと!一気に300万円近く値下がりしました!!

 

急いでお申し込みを入れることになったのですが、ご主人は「もう満足な金額。購入できることを優先して満額で!」と言う隣で、奥さんが「………。」と沈黙。

 

そこで「ダメ元で80万円の交渉を入れて、10万円でも20万円でも下げられるようにチャレンジしますよ!」と提案しました。

 

正直、厳しいだろうな…と思いましたが、いろんな言いわけを作って担当者に頼み込んだところ、なんと!80万円の半分…40万円までならOKとの返事が!

 

これで、まずは40万円お得になりました(やったね!)

フラット35は金利と事務手数料が最安値の「優良住宅ローン」をご紹介!

フラット35は取り扱っている窓口がたくさんあり、銀行だけでなく損害保険会社などでも取り扱っています。金利は大体横並びで最安値になっていますが、一部金利が高い金融機関もあるので注意です。

 

違いが出やすいのは事務手数料です。これが窓口になっている銀行などの利益になるのですけど、高いところは借入金額×2.20%です。他に、1.65%とか1.10%とかの金融機関もありますが、ゆめ部長がお勧めしている「優良住宅ローン」は税込で0.8%になります。さらに!「住宅性能評価書」を使っている物件では0.5%と激安なんですよ!

 

なお、事務手数料が高いところはバックマージンをくれたりするそうです。なんでも紹介料請求するのは止めませんか…?とお願いしたくなりますね。

 

知り合いから情報を得たので追記しますね。

 

事務手数料2.2%の金融機関の一部では、事務手数料0.6%を不動産屋さんに紹介料としてくれるそうです。しかも!キャンペーン期間中は2万円のお食事券が付いてきたのだとか…。さすがにどこの金融機関かは言えませんけど…こういうのキライ。

 

話を戻します。

 

参考に物件価格の90%・3,500万円を借りるときの事務手数料を計算してみますと…

 

2.20% … 770,000円

1.65% … 577,500円

1.10% … 385,000円

0.80% … 280,000円

0.50% … 175,000円

 

売主さまを担当する不動産屋さんが「住宅性能評価書」があるかどうかを確認していなかったので、売主さまに探してもらったところ、評価書を発見!

 

これで最大58万円も節約できたことになります!

 

ちなみに、事務手数料が高い金融機関を選ぶと、担当者さんが歩合給社員のことが多いためやる気が違うんです。お客さまの自宅へ審査書類を取りに行ってくれますし、不動産屋さんが放置していても勝手に作業を進めてくれます。つまり、不動産屋さんからすると楽できる、ということです。

 

しかし、事務手数料が安い金融機関の場合はそうはいきません。大量に送られてくる書類の中から必要な書類を私が選別して、ゆめ部長がお客さまから書類を集めて郵送することになります。

 

正直……メンドウ。でも、お客さまの諸経費削減のために、私たちは頑張るのです!

 

ここで合計98万円くらいの節約に成功♪

適合証明書は発行料が安い建築士先生へ依頼!

フラット35を利用する場合、建物が建築基準法で定められた基準よりもワンランク上の基準を求められます。この基準を満たしていることを証明するのが「適合証明書」という書類になります。

 

この書類は建築士先生に依頼して取得するのですが、先生によって金額がバラバラになっています。金額は高いけどバックマージンをくれる先生がいる中、ゆめ部長はとっても誠実!金額が安くてバックマージンがない先生にお願いしています。

 

今回は「フラット35S・Bタイプ」で取得しましたが、消費税込みで40,000円です。しかも即日発行で3日~4日で原本が郵送されてきます。こういう先生とつながりがあるのもゆめ部長の強みです。

 

高い先生だと10万円くらいのこともありますので、まぁ、5万円くらいはお得になっているのかな…?と思います。

 

これで103万円になりました!

 

参考記事…

「フラット35」を使うときに必要な「適合証明書」を宅建マイスターがわかりやすく解説します!

提携司法書士で報酬を安く!バックマージンなし!

司法書士先生もバックマージンをくれる先生がいますけど、そんな先生は出禁!しっかりと仕事をしながら若干お安く…というのをお願いしています。

 

あまり安すぎても、仕事が遅かったり、知識がなかったり…という心配があるのです。司法書士先生はしっかりしている印象はありますが、結構、ゆめ部長はイタイ目にあっていますから、基本的には提携している先生に依頼します。

 

ゆめ部長が提携している小島先生には、大手勤務時代からお世話人になっています。知識バッチリで仕事も早い!安心してお任せいただいて大丈夫ですよ!

 

報酬は2万円前後は安いかな…と思います。

これで、お得額は105万円になりました。

 

参考記事…

「司法書士は売主指定」ってどうなの!?宅建マイスターとして物申す!

火災保険もチェックして保険料節約に成功!

火災保険は「準耐火構造」でしたので、保険料が大幅に安くなる「T構造」です。構造の確認は、建築確認申請書の第四面を確認してみてくださいね。(次の画像)

 

最初は保険料が高い「H構造」で見積もりが出されていましたが、確認申請書を保険会社へ送ったら約20万円保険料が下がったそうです。適当な不動産屋さんだと、調べもせずに「木造だからH構造だよ!」と言っていますから要注意!

 

なお、「T」は「Taika(たいか)」・「H」は「Hitaika(ひたいか)」の頭文字らしいです…。わかりづらいと思うのはゆめ部長だけではないですよね…?

 

▲20万円でお得額は125万円。

仲介手数料は半額!

3,950万円で契約した中古戸建は仲介手数料が半額でした。リノベーション済みの物件で不動産会社が売主であれば、仲介手数料無料の対象になりやすいです。詳細は下記の参考記事を読んでみてくださいね。

 

※2020年8月:マンション購入は取扱休止中です。

 

(3,950万円×1.5%+3万円)×1.10= 684,750円

半額ですから約68万円節約。

 

これで節約額は…驚きの約193万円!!

 

参考記事…

仲介手数料「無料」or「半額」の決め方を解説します!

ゆめ部長…グチる!!

ちょっとだけグチを…。

 

これだけ一所懸命やっているのですが、この努力…意外とお客さまに伝わらないのですよね。まぁ、比較する対象がなければ、これが平均値だと思われてしまうのは仕方がないところですが…。

 

ここまでお得になっていることを知っていると「さすがだね。ゆめ部長っ!」と思ってもらえると信じていますが、このことをわかっていないお客さまから「高い仲介手数料(半額ですけどね。)払ってるんだから、もっと私たちのために動いてよ!」と言われることもあります。

 

一所懸命やるのはお客さまの笑顔のため。

それなのに、そんなこと言うの…?(涙)

 

切ない気持ちになること、あるんですよね。

 

ゆめ部長の仕事を理解してもらうためにも、頑張る不動産屋さんが正しく評価されて報われるためにも、一般的な不動産屋さんの平均的な仕事レベルがどんなものか…?このWebページで伝えていきたいと思います。

 

楽しく仕事をするとメリットがいっぱい!

 

 社員さんが仕事を心から楽しいと思える

 ↓

 お客さまもHAPPY!

 ↓

 HAPPY!は他にも伝わってゆく…

 

こうなると勝手に信じています。

ゆっくりでも改善していこう…。

 

記事を書きながら改めて決意しました!!

最後に…

ゆめ部長のスゴイところは、他社さんに真似されることを恐れずに情報をどんどん積極的に開示することです!(自画自賛!!)いっそ、競合他社さんも同じようにやればいいのに…と思っているくらい。

 

ゆめ部長だけが利益を出すことよりも、不動産業界の改善を心から望んでいるからこそできることではないでしょうか!?ゆめ部長と一緒に働く人は少しメンドウにはなりますけど「自分が購入するならそうして欲しい」と思うから、頑張り続けます。

 

応援してくださる方、賛同してくださる方からのお問い合わせをお待ちしています。本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人
渡部 直人(ゆめ部長) ワタナベ ナオト
渡部 直人(ゆめ部長)
不動産取引の仕事一筋15年、仕事中心の生活をしてきました。ハッキリ言って仕事は趣味です(笑)でも…不動産業界にはなんか暗いイメージがあり、このままではダメだと思っています。そこで、ゆめ部長は考えました。お客さまが安心して取引できるだけでなく、才能あふれる人たちが楽しく働ける環境を作り、この暗いイメージを払拭・改善していこう!と。会社が幸せの発信基地になり、小さなHAPPYが拡がって欲しいと願っています。できることを1つずつ。コツコツ「幸せの種」をまいていきたいですね。
arrow_upward