株式会社 麻布ハウス
10:00~19:00
水曜日
2018年12月12日
不動産売買の流れ

消費者契約法による「不動産売買契約の取消し」「瑕疵担保責任の期間や免責」について宅建マイスターが解説します!

「法人」や「個人事業主の大家さん」が「個人の消費者」と不動産の売買契約をする場合、「消費者契約法」が適用されて瑕疵担保責任を免責にすることができない…ということを知っていましたか?

 

この記事では、消費者契約法による不動産売買契約の取り消しに関して、宅建マイスターが詳しく解説してみます!

 

不動産業界15年・宅建マイスター・2級FP技能士の「ゆめ部長」が心を込めて記事を執筆します!ちょっと長いですけど…さっそく目次のチェックからいってみましょう~

 

【目次】

1.  消費者契約法とは…?

 1-1.  「消費者」

 1-2.  「事業者」

2.  消費者契約法が適用される不動産取引

3.  不動産売買契約の取消し

 3-1.  不実告知

 3-2.  断定的判断の提供

 3-3.  不利益事実の不告知

 3-4.   不退去・監禁

4.  不当な不動産売買契約条項の無効

 4-1.  事業者の損害賠償責任の免除に関する条項

 4-1-1.  債務不履行責任に関する事業者の責任を制限する条項

 4-1-2.  不法行為責任に関する事業者の責任を制限する条項

 4-1-3.  瑕疵担保責任に関する事業者の責任を制限する条項

 4-2.  消費者が支払う損害賠償の予定等に関する条項

 4-2-1.  損害賠償額を予定する条項

 4-2-2.  遅延損害金の条項

 4-3.  消費者の利益を一方的に害する条項

5.  消費者契約法・宅建業法・民法の関係

6.  消費者契約法の瑕疵担保責任期間は1年

7.  最後に…

消費者契約法とは…?

「消費者契約法」…

 

消費者と事業者との契約では、情報の量・質・交渉力などにおいて大きな差があるため、消費者の利益を守るためにできた法律です。

 

事業者の一定の行為によって、消費者が誤認したり、困惑した場合、その不動産売買契約を「取り消す」ことができます。

 

また、

 

消費者の利益を不当に害する不動産売買契約条項は「無効」になります。

 

この法律を理解するために「消費者」「事業者」の定義などを詳しく見ていきましょう!

【1】消費者

「消費者」というのは、事業としてでもなく、事業のためにでもなく契約の当事者となる個人のことです。

 

なんだかわかりづらい表現ですけど…普通にマイホームを購入する人たちのことですね。不動産屋さんや事業を行っている法人と比べれば、取引に慣れていないので保護されます!

【2】事業者

「事業者」というのは、法人だけではありません。個人でも「事業として、または、事業のために」契約の当事者になるなら事業者として扱われます。

 

「事業として」という表現がわかりづらいですね。

 

これは、不動産であれば、売買や賃貸を何度も繰り返して行うことです。個人事業主の大家さんも事業者となります。

 

つまり、個人事業主または法人の大家さんは、居住用建物を売ったり貸したりするなら、消費者契約法を意識しておく必要があるのです。

 

なお、店舗やオフィスを借りる個人は事業主として扱われ、消費者契約法の適用対象外ですからご注意ください。

消費者契約法が適用される不動産取引

消費者契約法は「事業者」と「消費者」が契約する時に、消費者を保護するのが目的でしたね。

 

そうすると、事業者同士・消費者同士ではこの法律の適用はないことになります。具体例を見ながらチェックしてみましょう。適用ありは【○】なしは【×】で書きますね。

 

宅建業者同士の売買契約   ・・・ ×

法人同士の売買契約     ・・・ ×

宅建業者と法人の売買契約  ・・・ ×

建売住宅を消費者が購入   ・・・ ○

消費者が建売会社へ売却   ・・・ ○

 

このWebページは売買を中心に解説していますので、賃貸に関することは記載していません。この点、ご了承ください。

 

不動産屋さんに売却や購入のサポートを依頼する「仲介」はどうでしょうか…?

 

この場合も、消費者になる皆さまは、消費者契約法により保護されます。仲介会社が違反行為をして消費者契約法が適用される場合、皆さまは、売主さまに対して取り消しを求めることができます。

不動産売買契約の取消し

「消費者契約法」では、事業者が事実と相違することを説明した結果、消費者が誤認・困惑して自由な意思決定を妨害されたとき、契約の申込や、承諾の意思表示を取り消すことができます。

 

「宅地建物取引業法」では、宅建業者が不当な行為をした場合、監督処分や罰則などを課しますが、取引が取り消されたり無効になったりはしません。この点は大きな違いだと言えますね。

 

不動産売買契約が「取消し」された場合、この効果は契約時に遡り、当初から契約が無効だったものとみなされます。なお、取消権には行使期間が定められているので注意してください。

 

取消権は「追認できる時から」1年以内です。(平成29年6月3日施行の消費者契約法改正)また、売買契約締結の時から5年で消滅します。

 

「追認できる時から」というのは次の通りです。

 

誤認していた時:誤認したことに気付いた時

困惑していた時:困惑状態から脱した時

 

では、取り消すことができる場合を具体的に4つ見ていきましょう!

【1】不実告知

不動産屋さんが重要事項について事実と異なる説明を行った結果、その内容が事実であると誤認していた場合、契約の申込や、承諾の意思表示を取り消すことができます。

 

例えば、売買対象の不動産に、差押・抵当権や賃借権が設定されているのに「負担のない不動産ですよ。」と説明したような場合です。他には、築年数を勘違いして伝えていた場合なども該当します。

 

つまり、わざと間違えたわけでなくても、不動産屋さんは責任を負うわけです。まぁ、当然のことですね!

【2】断定的判断の提供

不動産屋さんが、将来どうなるか不確実な事項について断定的な判断を伝えた結果、その内容が確実であると誤認した場合、契約の申込や、承諾の意思表示を取り消すことができます。

 

例えば、新駅ができることが確定していないにもかかわらず、「数年後に新駅ができて街が再開発されるんですよ!」とか、「この物件を買っておけば数年後に値上がりして大儲けできますよ!」と伝えた場合が該当します。

 

当然のことながら、本当に悪意がなくて勘違いしていたとしても、不動産屋さんは責任を負わなければいけません。

【3】不利益事実の不告知

不動産屋さんが、お客さまに不利益になることをわざと伝えなかった結果、その事実が存在しないと誤認した場合、契約の申込や、承諾の意思表示を取り消すことができます。

 

例えば、隣接地に大規模マンションが建築される予定があるのに、「陽当りも風通しも良好ですよ。」と伝えた場合が該当します。

 

【1】【2】の2つ異なり、調査した結果、不利益事実を知ることができなかった場合には、不動産屋さんは責任は負いません。要件は、わざとであり、お客さまが誤認してしまったことです。

【4】不退去・監禁

不動産屋さんが、お客さまの自宅や勤務先から帰らなかったり(不退去)、店舗から帰らせてくれなかった(監禁)ことで困惑してしまった場合、契約の申込や、承諾の意思表示を取り消すことができます。

 

こんなことが未だにあるの…?と思われるかもしれませんが、このような被害は意外と多く存在しています。私のお客さまから聞いた話では、夜中に訪問してきて、申込書を書くように迫ってきたり、店舗から5時間も帰らせてくれなかった…ということもあるそうです。

不当な不動産売買契約条項の無効

民法の原則では、債務不履行や不法行為による損害賠償責任の定めに関する事項を契約当事者が自由に取り決めることができます。

 

しかし、消費者契約法では、消費者の利益を守るために下記【1】~【3】の不当な契約条項を無効にしています。この定めは当事者間の合意があったとしても排除することはできません!これを強行規定といいます。

【1】事業者の損害賠償責任の免除に関する条項

全部で5つありますので確認してみましょう。

債務不履行責任に関する事業者の責任を制限する条項


(1) 債務不履行に基づく損害賠償責任の全部を免除する条項は無効

 

(2) 故意・重過失による債務不履行に基づく損害賠償責任の一部を免除する条項は無効

不法行為責任に関する事業者の責任を制限する条項


(3) 不法行為に基づく損害賠償責任の全部を免除する条項は無効

 

(4) 故意・重過失による不法行為に基づく損害賠償責任の一部を免除する条項は無効


瑕疵担保責任に関する事業者の責任を制限する条項


(5) 売買契約対象の不動産に「隠れた瑕疵(かし=キズ・欠陥)」がある場合、瑕疵により生じた損害の賠償責任の全部を免除する条項は無効

 

ただし、次の場合には消費者を救済できるため無効にはなりません。

 

1. 瑕疵のない代替物を提供する場合

2. 瑕疵を修補する責任を負う場合

 

消費者契約法の改正(平成29年6月3日施行) があり、消費者の解除権を放棄させる特約が無効になりました。「目的物に隠れた瑕疵があった場合、売主は修補義務のみを負う。」とする特約も無効になります。

 

少し前の契約書では、建売住宅の売買契約書の中に「瑕疵があっても解約できない。」と書いてあるものがありました。ずいぶん上から目線の契約だなぁ…と思っていたので、是正されて当然だと思いました。

【2】消費者が支払う損害賠償の予定等に関する条項

2つ見ていきましょう!

(1)損害賠償額を予定する条項

条文が曖昧な表記で具体的な定めをしていません。一応、条文を見てみると…

 

当該消費者契約の解除に伴う損害賠償の額を予定し、又は違約金を定める条項であって、これらを合算した額が、当該条項において設定された解除の事由、時期等の区分に応じ、当該消費者契約と同種の消費者契約の解除に伴い当該事業者に生ずべき平均的な損害の額を超えるもの 

 

当該超える部分は無効としています。

 

麻布ハウスが加盟している(公益社団法人)全日本不動産協会の契約書類では、売主さまが宅建業者の場合と同様に、最大で20%を上限に定めていますので、20%を超える定めをした場合は、超える部分が無効となります。

 

ただ、ほとんどの取引では上限を10%にすることが多いです。

(2)遅延損害金の条項

消費者が支払うお金に関する遅延損害金は、年14.6%を超えることができません。14.6%を超えた定めをした場合は、超える部分が無効とされます。

【3】消費者の利益を一方的に害する条項

民法、商法その他の法律の公の秩序に関しない規定の適用による場合と比べ、消費者の権利を制限したり、消費者の義務を重くする契約条項で、民法の基本原則(信義誠実の原則)に反して消費者の利益を一方的に害するものは無効とされます。

 

事業者と消費者のパワーバランスを取るのが消費者契約法ですから、そりゃあ、消費者の利益を一方的に侵害する契約条項が認められるわけがありませんね。

消費者契約法・宅建業法・民法の関係

「消費者契約法」や「宅地建物取引業法」は「民法」の特別法です。特別法は一般法(ここでは民法)に優先し、特別法の定めと矛盾・衝突しない範囲で一般法の規定が適用されます。

 

では、「消費者契約法」と「宅地建物取引業法」はどちらが優先されるのでしょうか。

 

この点、消費者契約法の11条第2項では次のように定められています。

 

「消費者契約法」は「民法や商法」の特別法ですが、「民法と商法」以外の法律と「消費者契約法」が適用される場合には、「消費者契約法」以外の法律が優先されます。

 

つまり…優先順位は次のようになります。

 

「宅地建物取引業法」>「消費者契約法」>「民法」

消費者契約法の瑕疵担保責任期間は1年

宅建業者が売主になる場合は宅建業法が適用され、瑕疵担保責任期間は引渡日から2年以上と定められています。実務では2年で定めるのが一般的です。

 

民法の原則では、瑕疵担保責任期間は瑕疵を発見してから1年間(損害賠償請求権は引渡後10 年で消滅時効にかかるとした最高裁判例があります。)になります。

 

では、消費者契約法が適用される売買契約では、瑕疵担保責任はどれくらいの期間で定めるのでしょうか…?

 

実は、明確に定められておらず、確定的な判例もまだ出ていません。ただし、3か月では短いとされた判例はあります。

 

そうすると、期間をどうやって設定すれば良いのか…悩ましい問題なのです。

 

宅建業法と同じ「2年」にしても、民法と同じ「発見してから1年」にしても、売主の事業者の負担が重くなってしまいます。

 

そのため、瑕疵担保責任の期間を1年で設定する契約をよく目にします。裁判になれば争われる可能性がないとは言えませんが、民法・宅建業法との関係性に着目して考えれば、1年という期間は間違いではないと考えられます。

 

というわけで、宅建業法が適用されず、消費者契約法が適用される売買契約では、麻布ハウスの契約書類は瑕疵担保責任を「1年」とさせてください。

最後に…

消費者契約法は不動産取引に特化して定められた法律ではありませんから、条文を読んでもイマイチわからない…というのが正直なところです。

 

また、消費者契約法が問題になる契約自体が少ないため、私たち不動産屋さんもあまり理解できていない法律だと思います。

 

しかし、「消費者」だと思っていた個人のお客さまが、実は「事業者」だった…ということになると、「瑕疵担保責任免責」で契約していれば、不動産屋さんは責任を逃れることができません。

 

皆さまも消費者契約法には注意をして契約を締結してくださいね。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。よかったら、Twitterもフォローしてください!!

 

参考記事…

不動産売買契約が解除 ( キャンセル ) になるケースを宅建マイスターが解説!

この記事を書いた人
ゆめ部長 ユメブチョウ
ゆめ部長
不動産のことが大好き!宅建マイスター&2級FP技能士の「ゆめ部長」です!営業スタッフとして、たくさんのハッピーなご縁を結ぶ経験を積んでから、「Webページ製作スタッフ」 兼 「スペシャルエージェント」として活躍中♪毎日のお仕事に情熱をもってワクワク取り組んでいます!夢は、みんなに頼られる優しい不動産屋さんとしてTV出演すること!!

お問い合わせ【売却】

INQUIRY
プラン
お問い合わせ内容
必須
物件の種別
必須
必須
万円
必須
必須
必須
(入力ミスにご注意ください!)
必須
(確認用)
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します

お問い合わせ【購入】

INQUIRY
お問い合わせ内容
必須
必須
必須
必須
(入力ミスにご注意ください!)
必須
(確認用)
第1希望
-
-
第2希望
-
-
第3希望
-
-
マンション名(戸建ては住所)・物件価格でもOK
マンション名(戸建ては住所)・物件価格でもOK
マンション名(戸建ては住所)・物件価格でもOK
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します

お問い合わせ【買替】

INQUIRY
売却プラン
問合せ内容【売却】
必須
物件の種別【売却】
必須
必須
万円
問合せ内容(購入)
必須
物件の種別(購入)
必須
マンション名(戸建ては住所)・物件価格でもOK
マンション名(戸建ては住所)・物件価格でもOK
マンション名(戸建ては住所)・物件価格でもOK
必須
必須
必須
(入力ミスにご注意ください!)
必須
(確認用)
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward