TEL

PV数公開(2020年8月1日)

月間最高PV数:11万7,720PV(2020年3月)

7月のPV数は…「月間 95,328PV」になりました。 6月との比較だと5,400PV増加。8月はお盆前後でPVが激減するから、10万PV復活は9月中に達成できたらいいなぁ~と思っています。5月の「グーグルコアアップデート」被弾から毎月ちょっとずつPV数は戻ってきているものの、8月・9月に来ると予測される次回・グーグルコアアップデートの影響がどう出るか…かなり心配しています。広告も貼らず、不動産取引で困っている人に向けてコツコツ執筆しているので、グーグル先生が評価してくれることを期待したいです。お話は変わりますけど、7月はお問い合わせ数が少し戻ってきました。ネットの記事では「マンションが売れている!」とか「新築戸建が絶好調!」とか聞きますけど、売却サポート中の物件と、区市町村別のレインズ成約データから判断すれば、例年と比較して「動いている!」とは言えない状況です。「4月・5月と比べれば6月はすごく売れた!」と言っても、対前年比-30%で「好調」とは言えませんよね。ネット情報には注意が必要だな…と感じ、やはり、正しい情報を発信できるようになるぞ!と改めて誓う月初です。8月は「新築戸建購入記事」「新民法」についてガンガン記事を執筆します。朝 4:00からやる気 全開!さぁ、前に進もう!!

更新記事一覧

広角カメラを使った写真・パノラマ写真・動画

3分で見られる室内動画

500部屋以上の動画を撮影して自らチェック。こつこつマジメに「見やすい動画作成の工夫」を積み重ねてきました。

短時間で効率よく物件を確認する手段として、動画はすごく効果的なコンテンツですから、ゆめ部長の売却サポートでは、「動画撮影サービス」を積極活用していきます!

5Gの時代になったら動画は必須コンテンツになっていくことでしょう~~

渡部(ゆめ部長)からのメッセージ

ゆめ部長が不動産売却をサポートする場合、不動産の魅力を最大限引き出す素材を準備し、他社さんよりも圧倒的に情報を拡散させることで高値成約を狙っていきます。(手数料0円売却では情報の拡散力が下がります。)

このTOPページの写真や動画だけでも、ゆめ部長の情熱が伝わるはずです。これだけ綺麗な写真を撮影しつつ、皆さまの味方として不動産取引を強力にサポートできる不動産エージェントはあまりいません。15年の経験があり、仕事が大好きであり、実現したい想いがあるからこそできることだと思います!

不動産業界には「両手仲介を狙った物件の囲い込み」という悪しき慣習があり、高い仲介手数料を支払う依頼者さまの利益を無視した取引が横行しています。両手仲介をするということは「物件情報を拡散できない」ということになります。ゆめ部長はこの問題を解決するために「両手仲介」を狙わないことにしました。原則が片手仲介になりますから「物件情報をフルオープン」にして他社さんの協力を得なければ買主さまが見つかりません。物件を「隠す」から「完全公開する」という、他の不動産屋さんと逆を行く戦略が高値成約の実績に結びついています。(手数料0円売却では、売主さまから了解を得て物件の囲い込みをすることになります。)

1つの取引で受領する仲介手数料を「6%なくても3%あればOK」だと考えられるのであれば、不動産屋さんのネットワーク(レインズ)をフル活用して簡単に情報拡散できます。情報拡散すれば競争が起こります。競争が起これば売主さまは納得のいく売却を実現できる可能性が高まります。ゆめ部長は、依頼者である売主さまを徹底的にサポートする顧客目線のサービスを作りました。

「仲介手数料を抑えながら高品質な仕事を実現する。」ほとんどの不動産屋さんが参入できない場所にいることが強みだと言えます。1つ1つの案件に気持ちを込め、お客さま目線で一所懸命サポートするゆめ部長に期待してください!

渡部(ゆめ部長)の動画【経歴・人柄・売却メソッド】

新型コロナウイルスによる不動産取引の冷え込みについて(2020年5月1日)

新型コロナウイルスが経済に与える影響が甚大なものになるのは間違いなさそうです。正直、ここまで不動産取引が停滞するとは予測していませんでした…。GWは毎年ブログのPV数がガクッと落ちますし、お問い合わせも激減する時期です。それを踏まえたとしても、レインズの成約数がこれほど“壊滅的”な状態になるとは…。これから中小零細企業の倒産・失業者の増加が懸念される状況ですから、不動産が売れない厳しい時期が続くことでしょう。経済が冷え込むときに不動産を売却したいなら、正しい知識を学び、頼りになるパートナーを見つけ、しっかりとした戦略を練ることが大事です。このWebページが悩める売主さまのお役に立ち、良いご縁に恵まれるように祈っています。

ブログ記事の内容・更新など

2020年6月現在、このWebページは約240記事ほど公開しています。ブログを書き始めたのが2018年3月なので、公開数はかなり少な目かな…。なぜ、こんなに少ないか…と言いますと、ブログ記事を全て5回~10回くらい書きなおしているからです。初期の頃は「まぁ、しょうがない、最初はこんなもんか。」と思い、後日読み返して「なんじゃこりゃ。」と反省してリライト。それを数か月後に読み直して「どうしてこれで公開したの!?」と自問自答。その後、画像を増やしたり、主張に一貫性を持たせたり、サービスを改善したり、勉強した内容を加筆したり、指摘してもらった間違いを修正したり…を繰り返してきました。そのおかげで、最近の記事は、だいぶ読みやすくなってきたと思っています。でも、2019年8月~12月頃にかけてリライトした記事は、今読み直すとななめ読みしづらいし、わかりづらい…と感じてしまうんですよね。ホント、試行錯誤と自己嫌悪の繰り返しで泣きそうになります。こんな苦しみを乗り越えた先には、きっと…、いや、絶対、輝く未来が待ってる!!そう思って、毎日毎日、頑張っています。というわけで、優しく見守りながら、応援してくださいね!という話でした (笑)

Webページを通してこれから実現したいこと

不動産取引の最前線で働く「宅建マイスター」だからこそ書ける記事を高く評価してもらえて本当に嬉しいです!遊ぶ時間も寝る時間も削って頑張ってきた記事の執筆活動。やっと手応えを感じられるようになってきました。そこで、Webページに時間と労力を集中させ、さらにレベルアップを図りたいと考えています。不動産に関する知識・経験・アイディア・想いなどをアウトプットするだけでなく、上級宅建士の「宅建マイスター」として取材にもチャレンジしていこうと考えています。また、不動産業界にある問題点の指摘・改善策の提案なども深いレベルで行い、専門家との連携も図る計画です!

玉石混交のネット情報で迷子になる人を減らすために「メディア化」を実現したい!それが今のモチベーションになっています。

「不動産テック(Real Estate × Technology)」の力も借り、安心して不動産取引を行える環境を整えるためにがんばります!皆さまからの応援が力になりますので、感想や意見などもお知らせいただけると嬉しいです。

質問への対応について(2020年3月25日)

先日「すごく困っています…」との相談が届いたので、1時間もかけて丁寧な回答メールを送りました。でも、返信すらありません。イヤな気持ちになった相談は他にもいろいろ。ネットの世界はメチャクチャで悲しくなりますね(涙)

というわけで、お知らせとお願いがあります。

ブログ記事への質問・お悩み相談はしばらくお断りすることにしました。

具体的には…「耐震基準適合証明書を取得する方法を教えてください。」「不動産屋に騙されたので相談に乗ってください。」などなど。対応できるのは、不動産売買の依頼・相談・質問だけになりますのでご了承くださいませ。

本当はこんなことは書きたくなかったんですけど…理解してもらえたら嬉しいです。

会社紹介

お問い合わせ

お問い合わせ【売却】

INQUIRY
プラン
必須
お問い合わせ内容
必須
物件の種別
必須
必須
万円
必須
必須
必須
(入力ミスにご注意ください!)
必須
(確認用)

お問い合わせ【新築戸建購入】

INQUIRY
お問い合わせ内容
必須
物件種別
必須
必須
必須
必須
(入力ミスにご注意ください!)
必須
(確認用)
第1希望
-
-
第2希望
-
-
第3希望
-
-
マンション名(戸建ては住所)+ 物件価格でもOK
【注意】投資物件は対応していません

お問い合わせ【買替】

INQUIRY
売却プラン
必須
問合せ内容【売却】
必須
物件の種別【売却】
必須
必須
万円
問合せ内容(購入)
必須
物件の種別(購入)
必須
マンション名(戸建ては住所)+ 物件価格でもOK
マンション名(戸建ては住所)+ 物件価格でもOK
マンション名(戸建ては住所)+ 物件価格でもOK
必須
必須
必須
(入力ミスにご注意ください!)
必須
(確認用)
arrow_upward