株式会社 麻布ハウス
TEL
10:00~19:00
水曜日
menu メニュー
2019年08月18日
ゆめ部長ブログ

仲介手数料は払いたくないけど早期・高値で不動産を売却して!【イヤだな…と思うお問い合わせ 5】

「イヤだな…と思うお問い合わせ」シリーズ【5】は、不動産屋さんに対して「仲介手数料は払いたくないけど、早期・高値で不動産を売却して!」というお問い合わせです。

 

「不動産屋さんへ報酬は払いたくないけどプロの仕事をするのが当然でしょ。」そう言っているのと同じことですよね。もちろん、高額な報酬になる案件であれば「仕事内容に見合った報酬になるように値引きしてほしいな。」という意見はとてもよく理解できます。

 

この手のお問い合わせは、なんというか…どこか上から目線の人が多くて。それが、すごくイヤになるところだったりします。ちょっとグチ混じりな記事ですけど、不動産屋さんの主張も読んでみていただけるとありがたいです!

 

不動産業界15年・宅建マイスター・2級FP技能士の「ゆめ部長」が心を込めて記事を執筆します!それでは、さっそく目次のチェックからいってみましょう~

不動産を早期・高値で売却するにはプロの経験・知識・努力が必要!

問題が特にない不動産を3か月以内に相場で売却するなら簡単ですけど、不動産売却で「高値」「早期」を実現するためには、エージェントの「経験」「専門知識」「努力」が必要不可欠です。

 

ゆめ部長は、相場+10%程度の高値で2週間以内に成約させた売却大成功事例をいくつか持っています。この大成功は、ゆめ部長の「15年の不動産経験」・「マジメに仕事に取り組んで蓄積してきた専門知識」・「お客さまのために汗をかいた努力」があったから勝ち取れたものであり、新人さんが実現できるものではないと思います。

 

努力を積み重ねて身に付けたプロとしての能力。これに対価を支払いたくないなら、相場で売却するしかないよね…これがウソ偽りのない正直な気持ちです。

 

不動産売買は大きなお金が動くものですから、損をしたくないし、騙されたくないし、トラブルに巻き込まれたくないはず。それなら、サービスに見合う対価をプロに支払った方が良いのではないでしょうか??


あとでご紹介しますけど、ゆめ部長は「仲介手数料半額の不動産売却」というサービスを作りました。プロに依頼するんだけど、自分でやれることは自分でやる。ムダなサービスや過剰サービスを排除することで仲介手数料は半額にできます。

 

小さな会社だから経費がかかりません。レベルが高いから多くの件数をこなすことができます。どこの会社でも実現できるサービスではない!と言い切れる自信がありますので、ぜひ、記事下欄のバナーをクリックして詳細を確認してみてください!!

 

ちなみに…「早期「と「高値」は一般的にトレードオフの関係にあります。つまり、「早期」or「高値」どちらかを選ぶしかない…ということですね。相場よりも高い金額で早期かつ高値で売却するなんてムリ!そんな話を聞きますけど、ゆめ部長は絶対にムリだとは思っていません。その理由を解説しておきましょう。

「早期」「高値」で売却するために絶対必要な3つのこと

「早期」and「高値」で売却するために【絶対必要な3つのこと】があります!

 

キレイな写真を撮影すること

圧倒的に情報を拡散させること

物件を磨くこと

 

なんだ、それだけか…と思いましたよね??

 

しかし、3つのポイントを抑えて売却活動をサポートしている不動産屋さんって本当にいるのかな…?そう心配になるほどに少数派だと思います。それぞれ順番に見ていきましょう。

 

まず1つ目。キレイな写真を撮る技術を持っている不動産屋さんは少数派です。

 

なぜでしょうか…?

 

答えは単純。メンドウが嫌いだからです。

 

不動産業界は体力があって車を運転できれば入れる業界なので、工夫する意識を持っている人が少ないことを知っておいてください。売却活動を経験したことがあるひとならわかると思いますけど、不動産屋さんが撮影した写真って、正直、ヘタクソでしたよね?綺麗な写真を撮影する技術を学ぼうとしないから当然の結果だと思います。

 

さらに、写真撮影はコンパクトデジタルカメラかスマホです。15万円程度の一眼レフカメラなんて、高すぎて購入する気がないみたいで残念です。

 

それに対してゆめ部長は、一眼レフの広角カメラで撮影します。リビングに光が注ぎ込む時間を狙い、天気が悪ければ日程をリスケジュールするほど気合をいれています。押し続けたシャッターは10万回以上!現在のカメラは5台目なんですよ。

 

次に2つ目。不動産屋さんは、売主さまと買主さまの両方から仲介手数料をもらうことを狙っています。

 

売主さまが左手、買主さまが右手とイメージして「両手仲介」と呼んでいます。そのため、自社で広告をして買主さまを探すのが原則で、他社がスーモ・ホームズ・アットホームなどのポータルサイトへ載せることはもちろん、自社Webページに掲載することも嫌がります。

 

他社さんが買主さまを見つけてしまうと、買主さまからの仲介手数料が他社さんに支払われてしまうからです。

 

それに対してゆめ部長は、最初から売主さまからの仲介手数料だけもらえればOKだと考えていますから、他社さんの広告活動は「大歓迎」になります。もっと言えば、信頼できる他社さまへ積極的な広告活動をお願いしてしまうほどです。そのため、圧倒的な情報拡散力があるのです。

 

「早期」and「高値」で売却するためには「両手仲介」を狙ったらダメです。だからゆめ部長は「片手仲介」をします。片手仲介では報酬は売主さまからの仲介手数料だけになります。だから、「仲介手数料半額の不動産売却」では半額より値下げできませんし、3,000万円未満の不動産は取り扱っていません。

 

最後の3つ目。不動産を高値で売却するためには価値を高めるために磨かなければいけません。室内清掃だけでなく、税制優遇を受けられるように準備もするべきです。例えば、次のような準備を進めていきます。

 

ハウスクリーニング

荷物の処分・倉庫へ預ける

室内の飾りつけ

フラット35を利用できるように適合証明書を準備

住宅ローン控除を利用できるように耐震基準適合証明書を準備

 

などなど…。

 

マンションは築25年を経過すると「住宅ローン控除」を利用できなくなります。でも、耐震基準適合証明書を取得できれば住宅ローン控除を利用できるようになります。「10年で最大200万円還付を受けられる」となれば、最後の一押しになりますし、しっかりアピールすれば競合物件から一歩リードできますよね!

ゆめ部長は「不動産取引のプロ」として仕事をします!

病気にかかり生きるか死ぬかの手術をすることになれば、誰だって手術経験が豊富な名医に執刀して欲しいと思うはずです。その名医に執刀をお願いするのに、手術費用をまけてもらえませんか?とは言いませんよね。

 

不動産は高額な商品ですから、買主さまは「簡単には決められない!」と言いますし、売主さまは「納得できる価格で売却したい!損をしたくない!」と言います。皆さま真剣なわけです。それなら、お医者さんを選ぶように、信頼できる会社・担当者を探してほしいと切に願っています。

 

「早期」and「高値」を実現したいならプロに頼むべきです。仲介手数料は払いたくなくて…ということでしたら、シロウトの不動産屋さんに頼んでみるしかありません。レインズに載せてくれれば成約可能性は0にはなりませんから…。

 

なお、シロウトの不動産屋さんというのは、売買実績が少なくやる気がない会社のことを言っています。

 

最近は仕事がなくて、仲介の仕事をやろうと参入してくる会社がたくさんあります。仕事に自信がないし、お客さまを集められないので、仲介手数料は定額30万円とか、0.75%をアピールしていますが、この手数料分の仕事しかできないということなのだと思います。

 

ゆめ部長はサービス内容をギュっ圧縮して仲介手数料を安くしていますけど、仕事はプロの仕事をします!「不動産を売却するって大変そうだったけど、思ったより簡単でした!」そんな感想をもらえるような仕事・サポートを心掛けています。

 

大手の安心感・オシャレな店舗での売買契約・高級車での送り迎え…こんな過剰サービスはいらないから仲介手数料を安くしてほしいと考えられるお客さまには、ゆめ部長と相性が良いはずですよ。

最後に…

不動産屋さんも時代に合わせて少しずつ変わってきています。SNSなどを通して情報発信する不動産屋さんもあり、相性が良いプロの不動産屋さんを探しやすくなっています。「大手だから安心」とか「知り合いからの紹介だから安心」という考えは捨てて、自分で探してみることをオススメします!

 

ゆめ部長のように、セルフブランディングして個人で集客している不動産屋さんは今後さらに増えていくはずです。本物のプロに安い仲介手数料で依頼できる時代になってきている!そんなことも知っておいてくださいね。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

まとめ記事…

「イヤだな…と思うお問い合わせ」シリーズ【まとめ】

 

2019年8月17日追記…

「手数料0円売却」・「セラーズエージェント」は準備中なので「仲介手数料半額の不動産売却」をご検討ください。現在は「購入」サポートもお休みしています。

 

事情を説明した記事はコチラ…

【超・重要なお知らせ】「セラーズエージェント」「手数料0円売却」をしばらくお休みにします。

この記事を書いた人
渡部 直人(ゆめ部長) ワタナベ ナオト
渡部 直人(ゆめ部長)
不動産取引の仕事一筋15年…仕事中心の生活をしてきました。ハッキリ言って仕事は趣味です(笑)でも、不動産業界にはなんか暗いイメージがあります。そこで、ゆめ部長は考えました。お客さまが安心して取引できるだけでなく、才能あふれる人財が楽しく働ける環境を作り、この暗いイメージを払拭・改善していこう!と。「全員がHAPPY」なんてムリだけど、ゆめ部長と係わってくださったお客さまにはHAPPYになってほしい。できることを1つずつコツコツ積み重ね「幸せの種」をまいています♪

お問い合わせ【売却】

INQUIRY
プラン
お問い合わせ内容
必須
物件の種別
必須
必須
万円
必須
必須
必須
(入力ミスにご注意ください!)
必須
(確認用)
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward