TEL
2020年08月11日
ゆめ部長について

不動産売買のお問い合わせをお断りすることがある…その理由を語ります!

ゆめ部長はお客さまから選ばれるように「笑顔・丁寧・仕事は迅速に!」をモットーとして仕事に取り組んでいますが、大変失礼ながら、こちらからもお客さまを選ぶことがあります。

 

不動産屋さんのWebページでこんな「ナマイキ」を書くなんて…今までは考えられなかったことだと思います。しかし、選ばれるように誠実な努力しているのであれば、逆に選ぶことも許される時代になってきたのではないか…?ゆめ部長はそう思っています。

 

というわけで、この記事では、お問い合わせが「大歓迎」の場合と「お断り…」の場合を具体的に書かせていただきます。失礼を承知の上でズバズバ言いますけど、ぜひ、最後まで読んでみてください!

 

不動産業界15年宅建マイスター2級FP技能士の「ゆめ部長」が心を込めて記事を執筆します!それでは、さっそく目次のチェックからいってみましょう~

お問い合わせをお断りする3つの理由

せっかくのお問い合わせ。なぜ、お断りするのか…?

本音を隠さず3つの理由をお話しますね。

 

理由1…

 

ワガママな人を「お客さま」としてマジメに対応してしまうと、本当に時間を使いたい「大切なお客さま」に時間を使えなくなります。最近、問い合わせ内容が本当におかしくなっています…。会話のキャッチボールすらできない人が増え、対応に苦慮することが多いのです。

 

理由2…

 

メンバーが楽しく働ける職場環境にすることで、会社を「幸せの発信基地」にする!ゆめ部長にはそんな夢があります。メンバーが幸せだから、お客さまも幸せ。そのためには、責任者がクレーマーをしっかり排除しないとダメだと考えています。

 

理由3…

 

単純に横柄な人がニガテです。誰にでも笑顔で対応していたら、不動産のお仕事が嫌いになってしまいます…。「優しさ」は無限ではありません。大切な人のために温存しておきたいですね。

 

会社を大きくしたい!とか、

年収1億円ほしい!とか、

そんなことには興味がありません。

 

楽しく仕事をして、喜んでもらえるのが最高です!

 

次に、売却をサポートする場合であった

具体的なお問い合わせを見ていきます。

 

3つの NG なケース・2つの OK なケース

【NG 1】「室内写真は撮らないで高く売って!」

室内写真のレベルが高いこと…

これもゆめ部長の強み!です。

 

室内写真NGだと強みを発揮しづらくなりますので、

サポートをお断りすることがあります。

 

写真NGなのに「相場よりも高く売って!」と言うなら

とっても残念ですけど

他の不動産屋さんに依頼してください。

 

また、

 

「近隣に知られたくない」

「インターネットやチラシで広告するのはNG」

 

これもお断りします。

 

この条件で高く売れるほど甘くありません。

「相場+α」を目指すからには

相応の覚悟を持って臨んでくださいね。

【NG 2】「部屋を片付けたくない!」

部屋を片付けるのすらメンドウなら高値成約はムリです。

 

やる気がない売主さまだとやる気が起こらず、

ハッキリ言って相性が悪いです。

 

荷物が多ければ、預ける・捨てるはあたり前です。

プロのハウスクリーニングを

依頼することができなかったとしても、

清潔感を保つための努力は必須だと言えます。

 

もし自分が見に来たとしたら、

「ここに住みたい!」と思えるかどうか…?

この視点が大事なので検討してみてくださいね。

 

ただし、ご高齢・病気・ケガなど、

何らかの事情があればお話は別です。

 

対応策を提案しますので、

お気軽にお問い合わせください!

 

何らかの事情があってお困りのお客さまには、

ゆめ部長が全力のサポートで解決します!!

【NG 3】「売ってやってもいいぞ!」

横柄な売主さまの売却をサポートしても

なぜか、まったく売れません。

 

とにかく、売れません。

 

この人が住んでいたから、

負のオーラがまとわりついているんじゃないかな…

そう思ってしまうほどです。

 

「売ってもいいよ」はまだいい方で、

「売らせてやるよ」なんて人も。

 

売れるわけがない高値で販売して、

売れなくて電話で大声で怒る…。

 

「お客さま」ではなく

「お客さん」でもなく

「単なるクレーマー」です。

 

三波春夫さんの「お客さまは神様です。」を

間違って解釈している上から目線の人は

相手にする気がありませんから、

他をあたってもらえるとありがたいです。

 

ここは、ハッキリ、ビシッ!と線を引きます。

【OK 1】「高値成約を目指して頑張りたい!」

「高値成約を目指したい」というお話をすると、

不動産屋さんは嫌な顔をすることでしょう。

 

しかし「相場+α」での成約は、

物件の魅力をアピールできれば

十分に狙うことができると言えます!

 

物件の魅力を引き出し、アピールするための努力を一緒にがんばってくれるのであれば、ゆめ部長がトコトンお付き合いします!写真選び・販売図面の作成・ポータルサイトに掲載する文言まで一緒に考えて成功を勝ち取りましょう。

 

相場より極端に高い金額での販売はお断りすることもあります。ゆめ部長は魔法使いではありませんから、相場を無視して、1,000万円 も 2,000万円 も高く売るなんてことは不可能です。

 

この点はご了承くださいね。

【OK 2】「売るかわからないけど相談したい!」

離婚・相続・両親の介護問題など、

売却にはいろんな事情があるものです。

 

お客さま1人だけでは決められないことが多いという事情も理解できます。1人で悩んでいても素敵な案は思い浮かびません。ご連絡をもらえればゆめ部長が味方になりますから、一緒に考えてみましょう!

 

売却をしない方が良いこともありますし、

5年後10年後の売却になるかもしれませんが、

ゆめ部長はそれで構いません。

 

大丈夫です。

安心してご相談ください。

 

強引な営業は絶対にしませんからね!

 

いくらでも書けてしまうので終わりにします。

 

「ナマイキだ!」という意見

「そりゃ、そうだよね。」という意見

「応援してあげたないぁ」という意見

いろいろ、あると思います。

 

ゆめ部長のサポートに興味をもってもらえたら、

詳細をチェックしてみてください!!

 

下のバナーをクリックです ↓↓↓

この記事を書いた人
渡部 直人(ゆめ部長) ワタナベ ナオト
渡部 直人(ゆめ部長)
不動産取引の仕事一筋15年、仕事中心の生活をしてきました。ハッキリ言って仕事は趣味です(笑)でも…不動産業界にはなんか暗いイメージがあり、このままではダメだと思っています。そこで、ゆめ部長は考えました。お客さまが安心して取引できるだけでなく、才能あふれる人たちが楽しく働ける環境を作り、この暗いイメージを払拭・改善していこう!と。会社が幸せの発信基地になり、小さなHAPPYが拡がって欲しいと願っています。できることを1つずつ。コツコツ「幸せの種」をまいていきたいですね。
arrow_upward