株式会社 麻布ハウス
10:00~19:00
水曜日
2018年12月30日
不動産売買の知識

不動産屋さんのイメージが悪いのはお客さまにも問題あり!? 【不動産業界の改善点 1 】

私は今の不動産業界があまり好きではありません。10数年働いてきましたけど、いまだに好きになることができないでいます。私が就職した時から見れば、「公正な取引」・「プロ意識」という言葉を聞けるようになり、少しずつ改善しているように感じられます。しかし、情報を隠して自分の利益を優先しようとする業者が圧倒的に多いですし、高圧的・横柄な態度の人も相変わらず多くいます。

 

本当に早急な改善が必要だと思いますが、その一方で、こんな考えも私の中にはあります。それは、「不動産業界で働く人たちだけに問題があるのではなく、マイホームを売買するお客さまにも問題があるのでは!?」ということです。

 

とっても失礼でナマイキな内容になってしまいますけど、私たち現場の声にも耳を傾けてほしいと思い、記事を書きます。

 

不動産業界15年宅建マイスター(上級宅建士)2級FP技能士の「ゆめ部長」が心を込めて記事を執筆します!それでは、さっそく目次のチェックからいってみましょう~

 

【目次】

1.  不動産屋業界で働きたい人が少ない理由…

2.  「困ったちゃん」なお客さまが増えている…具体例

3.  お客様が「上」で、不動産屋さんは「下」というわけではないはず!

4.  最後に…

不動産屋業界で働きたい人が少ない理由…

不動産業界は間口が広く、入社の条件が極めて緩い業界だと言えます。なぜかと言うと、働きたい人が見つからないからです。働き手が見つからない理由は、長時間勤務・休みを取れない・クレーマーが多くて心が病む・責任が重い割に給与は下がっている。などがあげられると思います。

 

こういう働きたくない業界になっている理由は、お客さまの要望が厳しくなり過ぎていることにも1つの原因があります。運送業界では、過剰サービスにより深刻化した過酷な労働環境に、現場が耐えられなくなって声が上がりました。飲食業だって信じられないほどハードで、人が集まらないという話をお客さまから聞いたことがあります。

 

「お金は払いたくないけど、過剰サービスを期待する。」という人が多くなり過ぎていないでしょうか?「お客様は神様です。」という三波春夫さんの言葉を「お客様は神様なので、なんでも言うことを聞かなければいけない」と捉える困ったユーザーが増えたことによって、こういう問題が引き起こされているのだと思います。

「困ったちゃん」なお客さまが増えている…具体例

■ 出勤前・帰宅後(営業時間外)に何度も現地案内をさせる。

■ 定休日の水曜日に毎週案内をさせる。

■ 大雪で膝下まで雪が積もっている日に、なぜか物件をまとめて見ようとする。

■ メールは返信してくれないけど、自分が送ったら即返信がないと怒る。

■ 無料でやってもらえる範囲なら、必要はないけど、とりあえずやって欲しい。

■ 朝・夜・雨の日・陽当りが良い時間・両親と一緒に…と何度も内覧したがる。

■ 自分では近隣住民に聞き込みできない。やってくれないなら買わない。

■ 銀行審査は10行で行って欲しい。全ての諸費用を一覧で出してほしい。

■ 物件内覧数は100件以上!と豪語する。

 

などなど…などなど……。

 

結局購入しない傾向にあるこの人たちから言われることは、「だって、マイホームなんて初めて買うから、どこまでやってもらえるのか基準がわからないじゃないか!こっちだって悪気があるわけじゃない!!」です。

 

全く気持ちがわからない…とまでは言えませんから、本当に、検討するのに必要であれば、できる限りお手伝いしたいと思っています。しかし、「絶対ではないけど、無料でやってくれるなら是非やってほしい。」と言われても、その要望全てに対応するのは厳しいものがあります。

 

私のお客さまは1人ではないですし、私にだって家族がいます。ナマイキなことを言っているのはわかっていますけど、少しだけ思いやりの気持ちをもって想像してほしいです。

 

このよう人たちを不動産屋さんが「お客さま」として扱ったらいけないと思います。こんな人たちがどんどん増えてきているのです…。

お客様が「上」で、不動産屋さんは「下」というわけではないはず!

お客さまが安心してマイホームを売買できるようにサポートして、その対価として仲介手数料をもらいます。対価に見合うサービスを提供するわけですから、お客さまが「上」で、不動産屋さんが「下」、というのではなく、対等な関係であると私は考えています。

 

もちろん、お客さまに対して、親切・丁寧・迅速に対応するのは当然のことです。(あたり前すぎることですけど、念のため…。)

 

知識・経験・専門性を備えたプロとして、マジメに、丁寧にサービスを提供する会社だから、「悪質クレーマーは断固として相手にしない!」そんなことをハッキリ言い切り、社員を守る会社がもっと増えて良いと思います。働きやすい環境を整えられれば、女性も若い世代の人たちも不動産業界にどんどん入ってきてくれて、業界全体が活性化してくれると期待しています。

 

禁煙・NO!残業・NO!!ハラスメントでブラックイメージが払しょくされたら、不動産業界で働きたい人はたくさんいるはずです。だって、マイホーム購入という人生の一大イベントに係るお仕事ですよ!本来は楽しいに決まっていますね!!

最後に…

今回の記事は、「サービスを受けるお客さまにも問題がある!」という内容でしたが、これは、真っ向からお客さま否定をする不動産屋さんがまだいないので、私が書いてみました。こんなことを書いたら嫌われてしまうかもしれないですから、リスキーではありますけど、声を上げなければ誰にも伝わりませんからね。

 

「過剰サービスがあたり前」だった日本のサービスは、社会全体で変革を求められるようになってきたのだと思います。皆さんはどうお考えでしょうか?

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。よかったら、Twitterもフォローしてください!!

この記事を書いた人
ゆめ部長 ユメブチョウ
ゆめ部長
不動産のことが大好き!宅建マイスター&2級FP技能士の「ゆめ部長」です!営業スタッフとして、たくさんのハッピーなご縁を結ぶ経験を積んでから、「Webページ製作スタッフ」 兼 「スペシャルエージェント」として活躍中♪毎日のお仕事に情熱をもってワクワク取り組んでいます!夢は、みんなに頼られる優しい不動産屋さんとしてTV出演すること!!
arrow_upward