株式会社 麻布ハウス
TEL
10:00~19:00
水曜日
menu メニュー
2018年12月30日
不動産売買の知識

不動産は「最終1棟なら買い叩ける」というのは勝手な思い込み!?安くできる物件とできない物件を知っておこう!

新築戸建の複数棟現場では、「最終1棟!〇〇万円値引き!」という広告を見ることがあると思います。しかし、「最終1棟」「残り数棟」の現場だからと言って、必ずしも大幅値引きできるわけではないのです。もちろん、最終1棟だから大幅値引きできることもありますので、今回の記事では、できる場合とできない場合を考えてみます。

 

不動産業界15年宅建マイスター(上級宅建士)2級FP技能士の「ゆめ部長」が心を込めて記事を執筆します!それでは、さっそく目次のチェックからいってみましょう~

 

【目次】

1.  建築中の10棟現場で残り2棟!売れ行き好調なのに物件価格の10%近い値下げ要求

2.  全棟完成の20棟現場。建売会社の決算期で残りの数棟が大幅値引き!

3.  最後に…

建築中の10棟現場で残り2棟!売れ行き好調なのに物件価格の10%近い値下げの要求

まずは価格交渉ができないパターンを見てみましょう。

 

駅から平坦で徒歩5分の立地に、道路を新設した10棟現場が発売されました。なかなか物件が出てこないエリアであり、駅近の高台という立地が人気を呼び、建物完成を待たずに、あっという間に残り2棟になった現場でした。

 

この現場を内覧したお客さまが気に入ってくれたので、埼玉県まで完成施工例を一緒に見に行き、夜にもう一度お会いする約束をして解散しました。

 

夕方過ぎに、なぜかお父さんから電話があり、「あと少しで完売だから金額は下がるものなんだよ!息子夫婦が買いたいって言うから、400万円値下げするように言って。」とのことでした…。

 

人気があって発売後すぐに8棟成約している現場にもかかわらず、一般的な値下げより大幅な価格交渉でしたから、「正直なところ、端数の80万円の交渉だって通らない可能性が高いですよ。」とお伝えしました。しかし、どうしても交渉して欲しいとのことでしたので、大幅な価格交渉の件、ざっくばらんに売主さまにお話しました。

 

幸いなことに担当者さんが知り合いでしたので、上席の方にお話を上げてくれましたが、やはり「即、却下!」になったとの返答が…。まぁ、当然ですね。せっかく利益が出る現場なのに、わざわざたたき売る必要なんてないですから、私が同じ立場であれば即NGを言い渡します。

 

息子さん夫婦のため、孫のために力になってやろう!というおじいちゃんの気持ちは理解できますから、このときは一応交渉しましたが、このような話を持っていくだけで私たちは「ダメな会社・ダメな担当者」と思われ、今後の取引に影響が出る可能性もあります。

 

言うだけタダなのは買主様の話だけで、私たちは今後の仕事をしづらくなるという痛いデメリットがあるのです。このようなムチャな交渉は基本的にお断りしています。

全棟完成の20棟現場。建売会社の決算期で残りの数棟が大幅値引き!

次に価格交渉をしやすいパターンを見てみましょう。

 

緑が多く残るエリアに、綺麗な街並みの20棟現場が完成しました。未公開の状態で数棟契約になり、建物が完成するまでの間に半分以上の10棟ちょっとが成約していた現場でした。完成してから後、なぜか売れなくなってしまい…価格が何度か見直されました。そして、残りが5・6棟あたりになった頃、「至急のご案内!」ということで担当者さんより電話がありました。

 

その内容は…

 

「決算に合わせて売り上げ計上したいため、利益無視で処分することになりました。既にほとんどが成約しているため、大々的に広告することは絶対NGですけど、内々で最大600万円まで交渉を入れてOKです。」とのことでした。

 

お話を聞いてみましたら、建築中に販売できた他の号棟で最低限の利益を出せたため、赤字にならなければいいとの判断になったそうです。大きい会社になると利益だけでなく、売上高も大事になるということだと思います。

 

内々で600万円も値下げできるというお話ですから、当然、複数の仲介会社で物件の争奪戦が繰り広げられました。残念ながら、私は契約できたのが1棟だけに終わってしまいましたけど、未公開時の時に契約した号棟より約1,000万円も安い破格の値段で契約できました。お客様が喜んでくれたので、良かったです。

 

このように、「決算が近い」「全棟完成していて売れ残っている」などの条件があれば、大幅値下げの可能性はあると言えます。

 

どちらのお話も、考えてみれば「そりゃあそうだ。」という話ですね。

 

安く買えるチャンスを狙うのであれば、売主さまの決算期や売りたい度合いを見極められるかが重要なポイントになります。また、私たちの方も、住宅ローンや手付金の準備、その他の条件を売主さまに合わせるなどの努力と柔軟な対応をしなければいけません。

 

ここまでするから、有利な条件での契約を勝ち取れる可能性が高まるのです。しっかりと準備をして、不動産屋さんと密な連絡を取るようにしましょうね。

最後に…

売れ行き好調であれば売主さんは強気になりますし、決算が近くて売り上げが足りていなければ利益度外視になることがあります。こんなあたり前のことが、なぜかわからなくなるのがマイホーム購入です。不思議ですね。

 

「大幅値下げをした!」という満足感を得ることが目的になっているお客さまも見ますけど、ムチャな交渉ばかりしていたら間違いなく不動産屋さんに嫌われてしまいます。自分を味方してもらえるように、妥当な交渉のラインを相談して見極めてくださいね。

 

新築戸建てへ買い替えを検討しているなら、麻布ハウスの売却サポートを検討してください!お買い替えのお客さまは、購入物件の仲介手数料を半額・無料でお手伝いします!新築戸建は高確率で仲介手数料無料にできますよ。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

2019年8月17日追記…

現在、「手数料0円売却」・「セラーズエージェント」はお休み中です。「仲介手数料半額の不動産売却」をご検討ください。

 

事情を説明した記事はコチラ…

【超・重要なお知らせ】「セラーズエージェント」「手数料0円売却」をしばらくお休みにします。

この記事を書いた人
渡部 直人(ゆめ部長) ワタナベ ナオト
渡部 直人(ゆめ部長)
不動産取引の仕事一筋15年…仕事中心の生活をしてきました。ハッキリ言って仕事は趣味です(笑)でも、不動産業界にはなんか暗いイメージがあります。そこで、ゆめ部長は考えました。お客さまが安心して取引できるだけでなく、才能あふれる人財が楽しく働ける環境を作り、この暗いイメージを払拭・改善していこう!と。「全員がHAPPY」なんてムリだけど、ゆめ部長と係わってくださったお客さまにはHAPPYになってほしい。できることを1つずつコツコツ積み重ね「幸せの種」をまいています♪

お問い合わせ【売却】

INQUIRY
プラン
お問い合わせ内容
必須
物件の種別
必須
必須
万円
必須
必須
必須
(入力ミスにご注意ください!)
必須
(確認用)
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward