株式会社 麻布ハウス
10:00~19:00
水曜日
2018年11月28日
ゆめ部長のブログ

私のために競争してください!【イヤだな…と思うお問い合わせ 1】

「イヤだな…と思うお問い合わせ」シリーズ【1】は、私たち不動産屋さんに対して「私のために不動産会社同士で競い合って、私が有利になる条件を提示してください。」というお問い合わせです。上から目線がイヤ過ぎて仕事に気持ちがこもらない…。こんな不動産取引の現場をみなさんに紹介します。

 

不動産業界15年・宅建マイスター・2級FP技能士の「ゆめ部長」が心を込めて記事を執筆します!それでは、さっそく目次のチェックからいってみましょう~

 

【目次】

1.  不動産屋さんに届くイヤな問い合わせメール…

2.  こんな問い合わせに対応する不動産屋さんも悪い!

3.  イヤなお問い合わせが増えている理由を考える…

4.  最後に…

不動産屋さんに届くイヤな問い合わせメール…

お問い合わせの内容はこんな感じ…

 

売却編

 

一般媒介契約を5社と結びました。全て仲介手数料は税込30万円でやってもらうことにしました。時間は長くかかってもいいので高く売ることを希望。納得できる金額で買う人が見つかるように、各社が競い合ってどんどん広告してくれることを期待しています。

 

私たちに安い報酬で競い合えと?

そして報酬はちょっとしか払わないと??

でも広告費はガンガン使えと???

 

あなたに優しく接する必要なんてありませんね。優しく接するには貯めた心のエネルギーを消費するんですよ。もったいないから、あなたには使いません!!

 

購入編

 

「現在、〇〇マンション・3,980万円の購入を検討中。先日内覧したときの不動産屋からは仲介手数料が3%かかると言われ、価格交渉は180万円が限界だと言われました。他の不動産屋にも問い合わせをしているので、そちらの会社が私のためにどれだけ良い条件を提示してくれるかで、会社を決めるつもりです。希望は仲介手数料ゼロで、3,500万円での購入を目指しています。」

 

手数料かかる会社よりも300万円値下げをさせるけど、報酬は払わないと?

 

…ちょっと話があるから、そこ、正座して座ってください。本気で言っているなら怒りますよ。

こんな問い合わせに対応する不動産屋さんも悪い!

このメールに返信する必要はない!と思うのは私だけではないと思います。

 

大切なお客さまに使うべき時間とエネルギー…こんな人に使ったらもったい!私ならムシしてしまうことの方が多いでしょう。

 

プロ意識があれば、ペコペコ頭を下げて「ははぁ~お客様」なんて態度で接する必要はありません。相手にするから調子に乗るのです。ムシでいいのです。ムシ!

 

不動産取引は高額な取引であり、仲介会社は大きな責任を負いながら仕事をしています。報酬は払わないけど「高く売りたい」「安く買いたい」という問い合わせに対応するということは、その責任を負う自覚が不動産屋さんにないと言えます。

 

今の不動産取引では、仲介手数料を「もらい過ぎ」と「もらわなさ過ぎ」の案件が多すぎる。この点の見直しは不動産業界の改善に必須だと言えます。

イヤなお問い合わせが増えている理由を考える…

イヤなお問い合わせが増えている理由

 

理由1…

 

不動産会社の数が多すぎて競争が激しすぎる。結果、お客さまの取り合いになり、儲からない会社は生き残るために低報酬の仕事を受けてしまう。

 

理由2…

 

お客さまが溢れるほどの情報をネットで簡単に得られるようになった。結果、不動産屋さんが下に見られているように感じられます。「歩合給の社員だからこっちが買う気を見せればなんとかしてくる(笑)」なんて書き込みを見たこともあります。

 

ユーザーの求めるサービスの質が高まりすぎているのは不動産業界だけではないでしょう。しかし、不動産仲介の現場は状況がだいぶ悪化していると思います。

 

まずは私たちが襟を正してまっとうな仕事をするのが先ですが、現場から「NO!!」の声を上げていかなければいけません。そうしなければ、優秀な人材が不動産業界に入ってきてくれません。今の不動産取引の現場でイキイキ仕事できる人は少数派でしょう。

最後に…

世の中、いろんな人がいますよね。尊敬できるお客さま・応援したいお客さまばかりではなく、相性が悪いな…と感じたり、この人のために仕事をするのはムリ…と感じる人も残念ながらいるものです。

 

いままでの不動産業界では、こんな人からのお問い合わせだったとしても「文句を言わずやれ!」と会社から言われたでしょう。しかし、私はこれからの時代は変わってくると考えています。

 

良い仕事をする会社なら、お客さまから選ばれるだけでなく、逆にお客さまを選ぶ権利があると認められるようになると思うのです。

 

だから、良い仕事をしましょう。1つ1つ丁寧に。不動産業界改善を進めるためには、私たちが働きやすい環境を作ることも大事なことになりますから頑張りましょう。

 

最後は同志へのメッセージになってしまいました…。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。よかったら、Twitterもフォローしてください!!

この記事を書いた人
ゆめ部長 ユメブチョウ
ゆめ部長
不動産のことが大好き!宅建マイスター&2級FP技能士の「ゆめ部長」です!営業スタッフとして、たくさんのハッピーなご縁を結ぶ経験を積んでから、「Webページ製作スタッフ」 兼 「スペシャルエージェント」として活躍中♪毎日のお仕事に情熱をもってワクワク取り組んでいます!夢は、みんなに頼られる優しい不動産屋さんとしてTV出演すること!!

お問い合わせ【売却】

INQUIRY
プラン
お問い合わせ内容
必須
物件の種別
必須
必須
万円
必須
必須
必須
(入力ミスにご注意ください!)
必須
(確認用)
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します

お問い合わせ【購入】

INQUIRY
お問い合わせ内容
必須
必須
必須
必須
(入力ミスにご注意ください!)
必須
(確認用)
第1希望
-
-
第2希望
-
-
第3希望
-
-
マンション名(戸建ては住所)・物件価格でもOK
マンション名(戸建ては住所)・物件価格でもOK
マンション名(戸建ては住所)・物件価格でもOK
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward