TEL
2019年11月28日
不動産売買の流れ

不動産を売却するなら「おもてなしの心」で完璧な準備をしよう!

私が不動産売却サポートをする場合、「女性目線」と「男性目線」にわけたアドバイスを売主さまにお伝えしています。男性は建物構造・設備・長期修繕計画・相場などを気にしますが、女性は清潔感・ニオイ・フィーリング・周辺環境などを重視しています。

 

今回の記事では「女性目線」での「おもてなし」を一緒に考えてみましょう!

 

不動産業界15年宅建マイスター(上級宅建士)2級FP技能士の「ゆめ部長」が心を込めて記事を執筆します!それでは、さっそく目次のチェックからいってみましょう~

売却不動産の印象をアップさせる準備をしよう!

売却する不動産の印象を良くするために、どんな準備をすればいいのか…皆さまは思いつきますか?

 

ゆめ部長が売主さまにお伝えしているアドバイスを書いてみますので、現在販売活動中なら「どれくらい実行できているか?」、これから販売する予定なら「どれくらい思いついたか?」を確認してみてくださいね!

 

ゆめ部長のおもてなしアドバイス⇒⇒⇒

 

電気・水道は止めない!

真夏・真冬はできるだけエアコンを残置しておく

新品のスリッパ・バルコニーサンダル購入

電球切れの交換

 カーテンをクリーニング(消臭)

ハウスクリーニング実施

壊れている箇所の補修

芳香剤を玄関・リビングなどに設置

 観葉植物を目立つ場所に5つほど設置

室内空気の入れ替え

収納整理 

お掃除道具一式を設置    などなど。

 

他には、ルーフバルコニーがお気に入りポイントなら高圧洗浄機を使って徹底的にお掃除しましょう。お庭がアピールポイントなら、雑草は完璧に除去してください。このように、現場ごとの魅力を光らせるように準備をするのがオススメです。

 

この記事では、事例をいくつか紹介していきます。1つ1つは小さなことでも、積み重ねたら大きな効果を生むものなんですよ!

アドバイス1:玄関を開けた瞬間の印象がとにかく大事!

不動産を売却するのであれば、「玄関を開けた瞬間の第一印象が重要」であることを知っておいてください。開けた瞬間の「清潔感」に問題がないか、内覧の10分前に最終チェックするようにしましょう!

 

靴は片付いていますか? 

傘入れは雑然としていませんか? 

タイルの汚れは大丈夫ですか? 

隅に埃はたまっていませんか?

 

この写真のような状態まで仕上げられたら100点満点です。

 

ゆめ部長にお任せいただいた場合は「直前のチェックリスト」を差し上げますので、最終チェックに役立ててください。

アドバイス2:1番最初にスリッパで好印象を!

スリッパは清潔なもので、綺麗に揃えられているか…確認していますか?

 

内覧直前に慌ててポイッと投げるように置いたり、使い古しのものを使ったり、100均で購入したものを使うと、内覧するお客さまにザツな印象を与えてしまいますから、すごくもったいないと思うのです。

 

「高額な商品」を販売していることをお忘れのないように。

 

できれば、男性用2足・女性用2足・お子さんが飽きないように、男の子用と女の子用をそれぞれ1足ずつ用意することをお勧めします!

 

なお、バルコニーからの景色が自慢のお部屋でしたら、バルコニー用にサンダルを用意しましょう。耐久性よりもデザイン重視の新品を置いてくださいよ~

アドバイス3:カーテンと電球をチェックしましょう~

室内は少しでも明るく開放感があるようにしなければいけません。

 

カーテンは内覧前に全て空けておきましょう。レースも空けた方がいいですね。カーテンはタッセルでまとめておくと印象が良くなります。毎日生活している場所だと忘れがちですから、自分が購入するつもりで点検してみてください。

 

ゆめ部長のアドバイスは「そりゃあ、そうだよなー」と思うものばかりですけど、言われるまで、意外と気がつかないものなんですよね。

 

ちなみに、カーテンは臭いを吸い込み、汚れが染みついているものです。室内で喫煙していたり、ワンちゃん・ニャンちゃんがいる場合、取り外してしまうか、洗濯してキレイにしておいてください。汚いカーテンが重苦しい雰囲気を作っていることがあるものです。

 

次は、電気のお話です。

 

電球の色が「昼白色」「電球色」別々になっていると統一感がなく、あまり印象が良くありません。電球が切れている または 点滅している状態なのに「電球は変えた方が良いですか?」と質問しているようでは「おもてなしの心」は“Level 1”。要反省です。

 

電気を消しているのもダメですね。特に、一戸建ての1階・マンションの北側のお部屋などは暗く感じてしまうものです。お客さまから「消してみていいですか?」と言われていないのに、わざわざ暗い状態を見てもらう必要なんてありません!

 

ちなみにですけど、基本料金をケチって解約している現場をよく見ますけど「ぜったいNG!」ですよ。不動産屋さんもアドバイスすればいいのになぁ~と、いつも感じています。

アドバイス4:浴室とトイレはすぐに見られる状態ですか?

水回りは女性がぜったいにチェックするポイントです。だからこそ、気持ちを込めたお掃除と入念な準備が必要なのですよ!

 

まずは、お風呂。

 

朝にシャワーを浴びて床も壁もビショビショで中に入れず、扉を開けた瞬間に湿気がムァ~と襲って来たり。また、浴室乾燥機で洗濯物を乾かしているなんてこともよく見る光景です。

 

室内が汚れているお家ほど、こういうことに配慮できていない印象です。これじゃあ…ダメだと思いませんか!?

 

次はトイレです。

 

直前に使って換気していないのは、どう考えてもNGです。せめて消臭スプレーはしておきましょう。また、お子さんのものだから仕方がないと考えず、「おまる」とか踏台とかも片付けるのが良いです。

 

もう1度いいます。「決定権者」の奥さんがぜったいチェックするポイントですから、要注意ポイントですよ!

アドバイス5:ハウスクリーニングは効果絶大!

プロのハウスクリーニングは効果絶大なので超オススメしたいです!特に奥さんが毎日使う水回りは重点的に行いましょう。場合によっては、水周りだけでもプロに依頼することを検討してください。

 

写真のような「お掃除完了の報告書」が現地に置いてあると、内覧するお客さまも気を遣いますから室内が汚れづらくなります。うん、良いこと尽くめですね。「汚い部屋なら雑でもいっか。」それが人間心理なのではないでしょうか…?

 

余談ですけど…。

 

テレビドラマに出てくるお姑さんのように、指で埃をとって息でフッと飛ばす女性を何度か見ました…。失礼な人だなと思いつつ、なんか怖くて文句も言いづらかったです(笑)売主さまが見ていなくてよかった…。

 

こんな人は少ないですけど、常識的な範囲内でのお掃除はがんばりましょう。目に付く大きさの埃をお掃除するくらいでしたら、クイックルワイパーで一拭きですから大丈夫ですよね!?

アドバイス6:観葉植物があると優しい気持ちになりますね♪

観葉植物があると空間が優しい雰囲気で包まれます。空室のお部屋はどことなく寂しい感じがしてしまいますから、明るくかわいらしい緑をちょっと置いてあると良いと思いませんか?

 

大きなものである必要はありませんけど、玄関・主寝室・洗面化粧台・リビング・キッチンなどにそっと置いてみてください。写真映えも良くなります♪

アドバイス7:いい「匂い」? いやな「臭い」?

生活のニオイは、いつもそこで暮らしている人にはわからないものだと思います。そのため、内覧の30分前には空気を全部入れ替えておきます。

 

ファブリーズをしたり、芳香剤を置いておくことをオススメしていますけど、良い匂いも人によって臭く感じられるみたいですから、無難なのは消臭剤なのかもしれません…。このあたりは女性の意見を聞いてみましょう。

 

なお、ゆめ部長はオシャレな「スティックタイプのフレグランス」が好きです。

アドバイス8:小物の置き方にも気配りを!

エアコンや照明のリモコンもわかりやすく置いていあると、「あぁ、きっと売主さまは親切な人なんだろうな。」と思ってしまいます。皆さん、バラバラに雑然と置いていますから、ちょっとした差別化につながるかもしれませんね。

 

なお、暑すぎる・寒すぎる季節は内覧時間が極端に短くなります。「エアコンを付けてご内覧くださいね~」と置手紙しておくのはいかがでしょうか?

 

こうやって記事にまとめていると、どんどんアイディアが出てきて楽しいなぁ~♪

最後に…

買主さまは「加点主義」ではなく「減点主義」だということを覚えておいてください。これは日本人の特徴なのでしょうか…?

 

現地内覧後の感想では、圧倒的に、「あそこが…」「この部分が…」とマイナスポイントばかり口にされるお客さまが多いと感じています。逆に言えば、1つでもマイナスポイントを減らすことができれば、プラスポイントを印象に残すことができる、ということかもしれませんね。

 

この記事は気づいたことや成功したことをどんどん加筆していきますから、気になる方は是非「お気に入り」登録しておいてください!ぜったいにお役に立って見せます!

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

参考記事…

お部屋をオシャレに飾り付けて不動産を高値で売却しよう!

この記事を書いた人
渡部 直人(ゆめ部長) ワタナベ ナオト
渡部 直人(ゆめ部長)
不動産取引の仕事一筋15年、仕事中心の生活をしてきました。ハッキリ言って仕事は趣味です(笑)でも…不動産業界にはなんか暗いイメージがあり、このままではダメだと思っています。そこで、ゆめ部長は考えました。お客さまが安心して取引できるだけでなく、才能あふれる人たちが楽しく働ける環境を作り、この暗いイメージを払拭・改善していこう!と。会社が幸せの発信基地になり、小さなHAPPYが拡がって欲しいと願っています。できることを1つずつ。コツコツ「幸せの種」をまいていきたいですね。
arrow_upward