TEL
2021年08月07日
不動産売買の知識

不動産業者の買い取りなのに仲介手数料を支払うの?それ…無料にできますよ!

不動産売却では個人の買主さまと売買契約することが多いですけど、急ぎで現金化したい場合や近所に秘密でコッソリ売却したいときなどには、不動産買取業者に買い取ってもらうこともあります。

 

買主さまが「不動産のプロ」になるため、仲介をする不動産屋さんの仕事はハッキリ言って楽です。さらに、再販売時には、お礼として販売窓口にしてもらえる特典が付くこともあります(専任)

 

つまり…不動産買取業者へ紹介できる契約は、仲介会社にとって「オイシイ案件」ということですね。

 

このような案件であるにもかかわらず、売却時に「成約価格×3.3%+6.6万円」も仲介手数料を支払う必要があるのでしょうか…?というお話をしつつ、ゆめ部長のサポートを紹介したいと思います!

 

不動産業界16年宅建マイスター(上級宅建士)2級FP技能士の「ゆめ部長」が心を込めて記事を執筆します!それでは、さっそく目次のチェックからいってみましょう~

不動産会社買取の場合、仲介会社は両手仲介で儲かる!

不動産会社に買い取ってもらうのは、次のようなケースが考えられます。

 

住み替えのため急いで売却を完了させたい。

 近所に知られず売却したい。

少しでも早く現金化したい。

事業の都合で現金化を急ぎたい。

 契約不適合責任などのメンドウを避けたい。

室内が汚い・ゴミ屋敷で現況だと売れない。

 

このようなケースでは、不動産屋さん(仲介会社)から紹介された不動産会社に売却することを検討することになるはずです。

 

このような取引になると、不動産屋さん(仲介会社)は、売主の皆さま・買主の不動産会社の両方から仲介手数料をもらうことができます。「成約価格×3.3%+6.6万円」×2になりますから、「成約価格×6.6%+13.2万円」が報酬になるということですね。

 

儲かりますね~~~

 

さぁ、ここからは不動産業界の裏側を暴露していきましょう。

不動産買取会社から「お小遣い」をもらっているかも…

不動産買取会社にとっては、不動産屋さん(仲介会社)の担当者は大事な取引先になります。なぜなら、不動産買取会社は物件を仕入れて再販売することで利益を上げるわけですから、仲介会社から物件を紹介してほしいと願っているからです。

 

このような関係ですから、不動産屋さん(仲介会社)の担当者は物件を買ってもらった不動産買取会社から「お小遣い」をもらえることがあります。

 

担当者は勤務している会社に内緒でお小遣いをもらうため、その収入を確定申告したくありません。そこで、商品券で30万円もらったり、キャバクラ接待を受けていることもあるようです(秘)

 

物件を紹介しただけで、仲介手数料とは別に現金を300万円もらったという黒いウワサを聞いたこともあります。この仲介会社の担当者は慣れたもので、自分で秘密の会社を持っていて、その会社で領収証を切っているとのことでした。悪い人ですね…。

 

なお、ゆめ部長が仕入れの仕事をしていたとき「物件紹介するから30万円ちょうだい!」とか、酷い人だと「100万円よこせ!」とか言われたことがあります。昔の話だから言っちゃいますけど、この100万円の人…大手ですよ、大手!

 

これが不動産業界なんですよね。

 

もう少し、不動産屋さんが知られたくないことをお話しましょう。

再販売も契約できれば…仲介手数料は最大12%!

先ほども説明しましたけど、不動産買取会社にとって、仕入れ物件を紹介してくれる仲介会社の担当者は大事な取引先になります。

 

そのため、仕入れた物件を商品化したとき、販売窓口として「専任媒介」を結ばせてくれることがあります。仕入させてくれた「お礼」ですね。

 

ちょっとわかりづらいと思いますので解説しておきましょう。

 

再販売物件で専任媒介を結ばせてもらえると、仲介会社は「未公開物件」「当社のみ取り扱い可能物件」として販売活動を行えます。

 

自社で買主さまを見つけられると両手仲介になりますから、仲介手数料は「成約価格×6.6%+13.2万円」です。最初の契約でも「成約価格×6.6%+13.2万円」をゲットしていますから、最大で「成約価格×13.2%+26.4万円」の報酬を得られるわけですね。

 

4,000万円で1本目の契約をして、

5,000万円で2本目の契約をしたら…

 

仲介手数料の最大は約620万円!

自分で計算して驚いちゃいました。

 

もし、自社で買主さまを見つける自信がなければ、不動産業界のネットワーク「レインズ」に情報掲載して他社の不動産屋さんに買主さまを見つけてもらうこともできます。

 

この場合、買主さまからの仲介手数料は他社の不動産屋さんに支払われてしまいますけど、売主さまからの仲介手数料は確保できることになります。まぁ、楽して稼げるということですね。

 

もう少し業界の裏側を知りたい人は次の記事がオススメ!

 

参考記事…

不動産仲介の仕事はバックマージンとか不当請求だらけ…!?

 

こんなに儲かる業者買取案件。ゆめ部長なら、お客さまのために仲介手数料を安くすることができます!

 

というわけで、ゆめ部長のサービスをチェックしましょう。

ゆめ部長なら…仲介手数料無料でOK!

このように不動産買取会社へ中古マンション・中古戸建・土地などを売却する場合、ゆめ部長なら仲介手数料を無料にすることができます!

 

正直言って、買主さまが同業者のため売買契約が楽ですし、広告費もかかりませんから、売主さまからの仲介手数料だけで十分なのです。

 

なお、ゆめ部長は次の2つをお約束します!

 

専任返しと呼ばれる「お礼」は期待しません!

お小遣いは絶対にもらいません!

売主さまを裏切って安値での成約を狙いません。

 

専任返しを期待しない理由は、物件を紹介する不動産買取会社の数が少なくなってしまうからです。高値で買い取ってくれる不動産買取会社には、自社で販売部門を持っている会社があります。自社物件を自社で販売するから高値で買い取れるわけですから、ゆめ部長がお礼を期待してしまったらこの会社へ紹介できなくなっちゃいます。

 

それと、お小遣いをもらえるのであれば、その分は買取金額に上乗せしてもらいます。ゆめ部長はゴルフはやらないし、お酒も飲まないし、お姉さんのいるキャバクラが苦手です。だから接待はされたくない!というホンネがあったりします (笑)

 

というわけで、再度、皆さまに聞きます。

 

不動産屋さん(仲介会社)を

楽に儲けさせてあげる必要ってありますか…?

 

「そんな必要あるかぁー!」

 

そう思ったのならゆめ部長へ相談してください。仲介手数料無料でも、高く購入してくれる業者を頑張って探してくることをお約束します!

仲介手数料を支払う価値がある場合も紹介しておきます!

仲介手数料を支払った方が良い案件もあるので確認してください。

 

【1】買取案件に強い仲介会社

 

この仲介会社は横のつながりを重視していて、どこの会社が、どういう不動産を得意にしているかを把握しています。密に連絡を取り合っていますから、急いで仕入れ案件が欲しいという情報を持っていることもあります。

 

こういう地道な努力をしているから、高値で購入してくれる業者を紹介できる!ということであれば、これは、仲介手数料を支払う価値があると思うのです。

 

買い取り案件で他社さんとバッティングしたとき…「いったいどこから見つけてきたんだ!?」と驚くほどの金額で購入する不動産会社を見つけてきた凄腕の担当者さんがいました。

 

買主さまはプロですから「相場を間違ったら自己責任。損をしても、それは知らないよ!」そう考えているのかもしれませんね。

 

【2】契約条件が厳しい案件

 

たとえば、前面道路が私道で10軒で持分を持っていたとしましょう。古い住宅街で所有者が近隣に住んでいない状況です。このような案件でも、仲介会社は買取業者さんから私道所有者の「通行・掘削承諾書」を取得するように求められる場合があります。実は、隣人さんと仲が悪くて…というような場合は取得に苦労しますから、数ヶ月かかってしまうこともあります。

 

不動産屋さんが得られる「報酬」に対する「時間・労力・専門知識」のバランスが取れるかどうか…考えてみてください。

最後に…

最大13.2%+26.4万円の仲介手数料には驚きましたよね!?

 

ちなみに、こんな取引のことを不動産屋さんは「往復ビンタ」と呼んでいたりします。いっぱい儲かるのに…ビンタするの??それに、痛そうで嫌だなぁ~と思うので、ゆめ部長は往復ビンタとは言いません。…どうでもいいことですね (笑)

 

これだけの報酬をもらえるのであれば、仲介手数料を削る余地があると考えるのがあたり前のことで「稼げるだけ稼ごう!」というのは、ちょっと受け入れられません。ゆめ部長は「取れるところから、取れるだけ取る」ということは絶対にしませんので安心してくださいね。

 

安い金額で業者に売らせようとする不動産屋さんに困っている…そんなご相談もお気軽にどうぞ!不動産会社の買取案件は仲介手数料無料にしますけど、誠実な仕事をお約束します。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

参考記事…

仲介手数料無料(0円)で不動産を売却できる仕組みを解説します!

仲介手数料無料(0円)で不動産を売却する5つのデメリットをわかりやすく解説!

 

ゆめ部長の「裏メニュー」紹介 …

売却先が不動産買取業者の場合だけでなく、売却先が個人の買主さまの場合でも、仲介手数料が無料になるプランを作りました。売主さまだけの味方になる「セラーズエージェント」にはこだらない!それよりも「仲介手数料の安さが大事!!」だと考えているなら…次のプランを検討してみてください⇒ 仲介手数料無料(0円)の不動産売却プラン

 

Twitter もフォローしてもらえると嬉しいです!

YouTube で学ぶ不動産売買の基礎知識

 

2019年08月28日 更新

2021年08月07日 更新

マイホームの売却一軒家(戸建て)の購入
  • 売却スタンダードプラン
  • 売却フルサポートプラン
  • 売却ライトプラン
  • 新築戸建を仲介手数料無料で購入しよう
  • 不動産売却のセカンドオピニオン
この記事を書いた人
渡部 直人(ゆめ部長) ワタナベ ナオト
渡部 直人(ゆめ部長)
不動産取引の仕事一筋16年、仕事中心の生活をしてきました。ハッキリ言って仕事は趣味です(笑)でも…楽しく仕事をしている不動産業界には薄暗いイメージがあり、このままではダメだと思っています。そこで、ゆめ部長は考えました。お客さまが安心して取引できるだけでなく、才能あふれる人たちが楽しく働ける環境を作り、この暗いイメージを払拭・改善していこう!と。会社が幸せの発信基地になり、小さなHAPPYが拡がって欲しいと心から願っています。できることを1つずつ。コツコツ「幸せの種」をまいていきたいですね。
ゆめ部長の真っ直ぐ不動産仲介 - マイホームの売却や一軒家のご購入をサポート(東京・神奈川・埼玉)
arrow_upward