株式会社 麻布ハウス
10:00~19:00
水曜日
2018年12月30日
不動産売買の知識

物件を囲い込み、お客さまを奪ってまで両手仲介を狙う不動産会社(怒!)

不動産会社は自分の利益(仲介手数料)が最優先でお客さまの利益を完全に無視している!そんな実態を私の経験からご紹介しましょう。大手の会社だから…と安心している皆さん!この記事を読み終わった後でも、大丈夫だと言えますか…?

 

不動産業界15年宅建マイスター(上級宅建士)2級FP技能士の「ゆめ部長」が心を込めて記事を執筆します!それでは、さっそく目次のチェックからいってみましょう~

 

【目次】

1.  現地内覧の予約をするだけでも一苦労だった…

2.  「案内」~「申込」~ 「契約」までのやりとり

3.  困ったことは続く…お客さまを奪うつもりだった (怒!!)

4.  最後に…

現地内覧の予約をするだけでも一苦労だった…

お客さまから「ネットで見つけたマンションだけど、扱えますか?」というお問い合わせがありました。

 

早速調査をしてみたところ、不動産会社専用の物件検索サイト「レインズ」には情報が未登録でしたが、大手の仲介会社が販売窓口になっていましたので、少し待ってもらえれば紹介できるようになることをお伝えしました。

 

専任媒介契約の場合、宅建業法でレインズへの登録義務が課せられています。大手は法律違反をできない(はず!)ですよね。だから、近いうちに情報が登録される可能性が高いのです。

 

それから数日後、レインズに販売情報は登録されましたが、販売図面が登録されていませんでした。そこで、販売図面を送って欲しいと担当者へ電話したところ「まだ作成中でお送りできません。」との回答でした。

 

スーモなどのポータルサイトには情報を掲載しているのに、販売図面を作るだけで1週間かかるなんてどう考えてもおかしいことです。しかも、大手の販売図面は定型化されたつまらないものですから、15分で作れるのでは?と思ってしまいます。

 

こんな状況ですから、これは「物件の囲い込み」かもしれない…と私は疑い始めました。

 

いつまでも販売図面が完成するのを待っていても仕方がないので、内覧依頼書を送り、土日の内覧予約を入れてみました。しかし、いくら待っても返事が来ず、こちらから何度も電話したのに「トイレ・会議中・契約中・案内中・定休日」などと言われて担当者と話をすることすらできません。折り返し電話のお願いも全てスルーされる始末。

 

その後、私も意地になり電話を続けること10数回、ついに担当者と話をすることができました。ところが、「売主様の都合で再来週まで物件の内覧はできません。」との回答が…。

 

販売図面を登録せず、内覧予約を無視し、電話からも逃げる…。これは、どう考えても「両手仲介」を狙った「物件の囲い込み」でした。しかし、「物件の囲い込み」をしている証拠があるわけでもないので待つしかありません。「再来週でも構わないので売主さまの予定を確認してほしい」と伝え、我慢して待つことになりました。

 

私のお客さまにご縁があったのか、この担当者にバチがあたったのかはわかりませんが、買主さまを見つけられず「両手仲介」できなかったようです。ここでやっと、私がお客さまをご案内することができるようになりました。

 

つまり、担当者が諦めたということですね。

 

内覧予約だけで電話を20回以上かけて、なぜ内覧依頼書を3回も送らなければいけないのか…。予約するだけなのにストレスで疲れてしまいました…。

「案内」~「申込」~ 「契約」までのやりとり

2週間以上待たされ、やっと現地をご案内できました。お客さまはこのお部屋をとても気に入り、その日のうちに不動産購入申込書を受け取り売主さまへ提示しました。

 

しかし、苦労はここからさらに続きます…

 

周辺相場よりも販売価格が高く感じられたので、お客さまと相談した結果、3,680万円から▲180万円の3,500万円で交渉をスタート。

 

通常、売主さまからは当日、遅くても数日以内に次のような回答が来ます。

 

【×】交渉は受けられません。

【△】その金額は厳しいので〇〇万円はどうですか?

【〇】その金額でOKなので契約日を設定しましょう。

 

ところが、予約時の苦労が再び繰り返され、数日どころか2週間も結果の回答が出ず。担当者へ何度電話してもやっぱりつながりません(怒)

 

散々待たされている間に、お客さまが第1希望に考えていたマンションが売りに出てきました。そこで「これ以上待たされるのであれば、物件を振り替えます。」とメールで伝えたところ「▲80万円であれば売主さまはOKです。」との電話がすぐにありました。

 

内覧するまでの2週間、申込をしてからの2週間、ずっと自社で両手仲介をするためにお客様を探していたのだと思います。おそらく、私が▲180万円でお申込をしていたので、この申込書を使い「もうちょっと高ければ1番手にできますよ。」とか言っていたのでしょうね。それでも決まらないし、自分の営業数字も足りないし…ということで電話があったのだと思っています。

 

もし、私のお客さまが第1希望のマンションに振り替えをしていれば、この大手仲介会社は売主さまの期待を裏切り利益を害したことになります。自分たちが「6%+12万円」の仲介手数料を得るために、信用して売却依頼をしてくれたお客さまを裏切る…。こんなこと、絶対にあってはいけないことだと強く思いました。

困ったことは続く…お客さまを奪うつもりだった (怒!!)

さらに、この大手仲介会社は、私たちのことも裏切る行為をしていました。それは、私が送付した不動産購入申込書に記載したお客様情報から、お客さまに直接電話をかけ「直接契約して欲しい」という連絡をしていたのです。

 

私が送った不動産購入申込書には名前と住所は記載していましたけど、電話番号は記載されていません。おそらく、私のお客さまが以前この会社に顧客登録をしたことがあったのでしょう。

 

名前と住所から登録されている電話番号を確認して連絡する…。宅建業法・個人情報保護法はどうなったんだろう?コンプライアンスは完全無視なのか!?とあきれ果ててしまいました。

 

しかも、▲180万円は無理だと言っていたにもかかわらず『自分と直接契約してくれるのであれば、売主さまには「案内が少ないからこのままでは売れない。ここで売った方が良い」と説得して希望の金額まで下げてきます。』と提案したそうです。

 

本来、この担当者は売主さまから売却依頼を受けているわけですから、売主さまの利益を最優先するべき立場にいるわけです。それにもかかわらず、自社の「6%+12万円」を確保するために、買主さまの価格交渉を通し、私を裏切り、そのしわ寄せを依頼主の売主さまに押し付けようとしたのです。

 

本当に許せない担当者ですが、この大手仲介会社のこの店舗とは他の案件でもトラブルがありましたから、店舗自体が法律違反を何とも思っていないのだと思います。

最後に…

ちょっとグチ交じりの記事になってしまいましたけど、このような不動産業界の問題を把握して、本当に自分の見方になってくれる会社・担当者を皆さんは探すようにして欲しいと思います。ポイントは、物件から探すのではなく、良いサービスを提供している会社と信用できる担当者から探すことです。

 

皆さまが素敵なマイホームとのご縁に巡り合えるようお祈りしています。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。よかったら、Twitterもフォローしてください!!

この記事を書いた人
ゆめ部長 ユメブチョウ
ゆめ部長
不動産のことが大好き!宅建マイスター&2級FP技能士の「ゆめ部長」です!営業スタッフとして、たくさんのハッピーなご縁を結ぶ経験を積んでから、「Webページ製作スタッフ」 兼 「スペシャルエージェント」として活躍中♪毎日のお仕事に情熱をもってワクワク取り組んでいます!夢は、みんなに頼られる優しい不動産屋さんとしてTV出演すること!!

お問い合わせ【売却】

INQUIRY
プラン
お問い合わせ内容
必須
物件の種別
必須
必須
万円
必須
必須
必須
(入力ミスにご注意ください!)
必須
(確認用)
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します

お問い合わせ【購入】

INQUIRY
お問い合わせ内容
必須
必須
必須
必須
(入力ミスにご注意ください!)
必須
(確認用)
第1希望
-
-
第2希望
-
-
第3希望
-
-
マンション名(戸建ては住所)・物件価格でもOK
マンション名(戸建ては住所)・物件価格でもOK
マンション名(戸建ては住所)・物件価格でもOK
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します

お問い合わせ【買替】

INQUIRY
売却プラン
問合せ内容【売却】
必須
物件の種別【売却】
必須
必須
万円
問合せ内容(購入)
必須
物件の種別(購入)
必須
マンション名(戸建ては住所)・物件価格でもOK
マンション名(戸建ては住所)・物件価格でもOK
マンション名(戸建ては住所)・物件価格でもOK
必須
必須
必須
(入力ミスにご注意ください!)
必須
(確認用)
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward