株式会社 麻布ハウス
10:00~19:00
水曜日
menu メニュー
2018年12月30日
不動産売買の知識

仲介手数料「無料」or「半額」の仲介会社は、何を基準にして無料か半額を決めているのか?実際に働いた経験から解説します!【売却編】

売却の仲介手数料が「無料または半額」というサービスを打ち出している会社があります。このような会社は、無料と半額をどのような基準で分けているのか…興味がありませんか?この記事を読めば、どういうケースで無料になるのかだけでなく、不動産取引の仕組みを理解することができます。きっと参考になるのでぜひご一読ください!

 

不動産業界15年宅建マイスター(上級宅建士)2級FP技能士の「ゆめ部長」が心を込めて記事を執筆します!それでは、さっそく目次のチェックからいってみましょう~


【目次】

1.  仲介手数料が無料になる場合

2.  仲介手数料が半額になる場合

 2-1.  両手仲介になる場合

 2-2.  片手仲介になる場合

3.  最後に…

仲介手数料が無料になる場合

上記の図は、一般的な不動産仲介の仕組みを説明したものです。不動産屋さん(仲介)は、左手の売主さま、右手の買主さまの両方から仲介手数料「成約価格×3%+6万円」をもらえるため、両手仲介と言われています。

 

この場合、不動産屋さんの仲介手数料は「成約価格×6%+12万円」になります。税抜きの仲介手数料を計算すると次のようになります。

 

2,000万円の物件なら … 132万円

4,000万円の物件なら … 252万円

6,000万円の物件なら … 372万円

買主さまから仲介手数料を受領すれば「成約価格×3%+6万円」の仲介手数料を確保することができますから、売主さまの仲介手数料を値引きしたり、無料にするサービスを実現できるようになります。

 

買主さまからの仲介手数料だけでも…

 

2,000万円の物件なら …    66万円

4,000万円の物件なら … 126万円

6,000万円の物件なら … 186万円

 

これだけで十分に会社を経営することができそうですよね。

 

なお、仲介手数料が無料 or 半額の会社では、無料になるのは、不動産買取会社が購入する場合に限定されます。なぜでしょうか…?

 

その理由は、不動産屋さん(仲介)にとって、不動産買取業者との契約はオイシイ案件になるからです。不動産買取会社が買主になる場合は次の2つのメリットがあります。

 

メリット1…

 

住宅ローンやお引き渡しのサポートなどが一切必要なくなります。プロ同士ですから、契約書類の作成が個人のお客さまと比べて簡単なものでOKなことが多いです。私は丁寧に作っていますけど…。

 

メリット2…

 

買い取って再販売をする時に、物件を仕入れさせてくれたお礼として、しばらくの間、1社だけの取扱にしてくれたり、販売窓口にしてくれたりします。1社のみの取り扱いであれば「未公開物件」になりますし、販売窓口になれば、他の不動産屋さんが買主さまを見つけてくれたら、売主さまからの仲介手数料が自動的にもらえることになります。

 

このようなメリットがあるため、不動産買取業者が購入する案件に限って無料にしているわけです。麻布ハウスなら、個人の買主さまでも仲介手数料を無料にできます!興味があれば下欄のリンクをチェックしてくださいね。

仲介手数料が半額になる場合

買主さまが個人の場合、仲介手数料は半額になります。両手仲介と片手仲介の2パターンに分けて考えてみましょう。

【1】両手仲介になる場合

売却依頼を受けた不動産屋さんが、個人の買主さまを自社で見つけた場合ですね。この場合は、売主さまから「成約価格×1.5%+3万円」、買主さまから「成約価格×3%+6万円」で、合計「成約価格×4.5%+9万円」の報酬になります。

 

会社によって「1.5%」だったり「1.5%+3万円」だったりします。半額と言いながら、+3万円を請求しない会社もあるということです。

【2】片手仲介になる場合

上記の図は1つの不動産取引に、2社以上の不動産屋さんが仲介するケースを説明したものです。麻布ハウスは左手の売主さまから、他社の不動産屋さんは右手の買主さまから仲介手数料をもらうので片手仲介と言います。

 

麻布ハウスは仲介手数料半額での売却サービスは行っていません!説明しやすくするために、「〇〇不動産」を麻布ハウスと言い換えています。

 

片手仲介で売買契約を成立させた場合、麻布ハウスが仲介手数料をもらえるのは、売主さまからだけになります。買主さまの仲介手数料は、上記「HOUSES(右側・オレンジの会社)」がもらうことになるためです。

 

麻布ハウスは、売主さまから仲介手数料をもらわないとタダ働きになりますから「成約価格×3%+6万円」の半分だけ、仲介手数料として請求させてもらうことになります。つまり、報酬は「成約価格×1.5%+3万円」です。

最後に…

仲介手数料が半額になる場合の【1】両手仲介・【2】片手仲介を比較してみて、どう思いましたか…?もうお気づきかもしれませんけど、売主さまの仲介手数料を半額にする会社は、自社で買主さまを見つけられるように、物件の囲い込みをするリスクが高くなります。

 

高値成約できる実力がないにもかかわらず、仲介手数料が安いことだけで売主さまを集め、物件の囲い込みをします。その結果、安くなった仲介手数料以上の損失を売主さまに被らせてしまうのです。こういう会社がたくさんありますから、十分に注意してくださいね。

 

なお、私が勤務していた会社は、物件の囲い込みNGな会社でしたが、「仲介手数料は1.5%あれば十分。ベテランを集めているから件数をこなしてよ!」という考えでした。

 

やってみた感想を正直に言いますと「メチャクチャきつかった…」です。いくら平均単価が4,000万円を超えるエリアでも、平均手数料率が2%はかなり厳しく、自分の時間を犠牲にして、なんとか仕事をこなしていた感じでした。

 

手数料を安くして集客しやすくする分、サービスの質を落とすのは論外ですし、営業スタッフにしわ寄せする会社もダメだと思います。

 

麻布ハウスの「仲介手数料0円売却」サービスのリンクを最後に貼ってありますので、この記事を読み終わったら、チェックしてみてください。なぜ仲介手数料無料で売却するのに高値で売れるのか?なぜ麻布ハウスなら安心できるのか?…理由がよくわかると思います!

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

2019年8月17日追記…

現在、「手数料0円売却」・「セラーズエージェント」はお休み中です。「仲介手数料半額の不動産売却」をご検討ください。

 

事情を説明した記事はコチラ…

【超・重要なお知らせ】「セラーズエージェント」「手数料0円売却」をしばらくお休みにします。</p

仲介手数料「無料」「半額」はどうやって決まる?(購入編)
仲介手数料無料・半額の会社で働いた経験からサービスの質と問題点を語ります!
この記事を書いた人
渡部 直人(ゆめ部長) ワタナベ ナオト
渡部 直人(ゆめ部長)
不動産取引の仕事一筋15年…仕事中心の生活をしてきました。ハッキリ言って仕事は趣味です(笑)でも、不動産業界にはなんか暗いイメージがあります。そこで、ゆめ部長は考えました。お客さまが安心して取引できるだけでなく、才能あふれる人財が楽しく働ける環境を作り、この暗いイメージを払拭・改善していこう!と。「全員がHAPPY」なんてムリだけど、ゆめ部長と係わってくださったお客さまにはHAPPYになってほしい。できることを1つずつコツコツ積み重ね「幸せの種」をまいています♪
view_list

最新記事

お問い合わせ【売却】

INQUIRY
プラン
お問い合わせ内容
必須
物件の種別
必須
必須
万円
必須
必須
必須
(入力ミスにご注意ください!)
必須
(確認用)
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward