TEL
2021年07月08日
ゆめ部長のサポートプラン

新築戸建を「仲介手数料無料 + 諸費用節約」で購入しよう!

新築戸建を購入するには、諸費用として「物件価格× 7%~8%」のお金が必要になり、この中には、不動産屋さんの報酬である「仲介手数料3.3%+6.6万円」が含まれていることを皆さまは知っていましたか??

 

不動産屋さん(仲介会社)は、あたり前のように3%の仲介手数料を請求しますけど、実は…「3%を超えて請求したらダメ!」というルールがあるだけなので、割引することは全く問題ないのです!

 

そこで、新築戸建購入時の仲介手数料を無料にして、皆さまの新生活を応援するサービスをゆめ部長が提供します!それだけではなく、ムダな経費を削り、丁寧なサポート付きのパーフェクトプランになっていますので、気になる人は、最後まで読んでみてくださいね。

 

不動産業界16年宅建マイスター2級FP技能士の「ゆめ部長」が心を込めて記事を執筆します!それでは、さっそく目次のチェックからいってみましょう~

新築戸建はもっとお得に購入できる!

新築戸建を購入する場合、どんな諸費用がかかるのか…?

まずは、ここから確認していきましょう!

 

仲介手数料

司法書士先生・登記費用

土地家屋調査士先生・登記費用

銀行保証料 or 銀行事務手数料

住宅ローン代行手数料

印紙代

火災保険料

固定資産税・都市計画税の清算金

振込手数料

適合証明書発行手数料

住宅診断(任意)

不動産取得税

 

・どこの金融機関を利用するのか?

・ペアローンにするのか?

・地震保険や家財保険も加入するのか?

・フラット35を利用するか?

 

など、お客さまによって、あてはまる項目が変わります。

 

諸費用が8%かかるとしたら…

 

3,000万円の新築戸建 … 240万円

4,000万円の新築戸建 … 320万円

5,000万円の新築戸建 … 400万円

 

ここには、引越費用・家具家電購入費用などが含まれていませんのでご注意を!!また、網戸・カーテンレール・TVアンテナは付いていないことも多いのですよ。

 

「そんなにかかるの!?」と驚いた人に朗報です!

ゆめ部長に任せれば諸費用を節約できちゃいます。

 

節約ポイント【1】:仲介手数料

 

新築戸建の仲介手数料の計算式を具体例で見てみましょう。

 

契約金額:5,000万円

土地価格:3,350万円

建物価格:1,500万円

建物消費税:150万円

 

計算式は次の通りです。

 

【(契約金額-建物消費税)×3%+6万円 】×1.1

※ 仲介手数料には消費税10%が加算されます。

 

あてはめてみると…

 

【(5,000万円-150万円)×3%+6万円】×1.1

=1,666,500円(税込)

 

これが、なんと!無料の 0円 になってしまいます♪

 

節約ポイント【2】:銀行費用(フラット限定)

 

銀行費用は仲介手数料の次に高い金額になります。銀行によって「事務手数料」「保証料」など名目が変わってきます。

 

一般的な金額をチェックしましょう。

 

保証料  :借入金額 × 約2.06%(非課税)

事務手数料:借入金額 × 2.2%(消費税込)

 

具体的な金額を2.2%として計算すると…

 

3,000万円借入 … 66万円

4,000万円借入 … 88万円

5,000万円借入 … 110万円

 

ここを節約します!!

 

フラット35を利用するなら「(株)優良住宅ローン」が断然オススメです!!金利は、当然、最安値。それなのに、事務手数料が圧倒的に安い。

 

性能評価書あり … 0.5%(税込)

性能評価書あり … 0.8%(税込)

 

住宅性能評価書ありの新築戸建なら…

 

3,000万円借入 … 15万円

4,000万円借入 … 20万円

5,000万円借入 … 25万円

 

借入が4,000万円なら68万円の節約です♪

 

優良住宅ローンを利用する場合、銀行担当者に書類記入サポートを任せられないので、ゆめ部長が買主さまのサポートをします。正直、ちょっとだけメンドウなんですけど、諸経費が安くなるから頑張っています!

 

なお、自己資金が多い場合は金利がすごく安いARUHIのスーパーフラットがオススメ。でも、事務手数料は2.2%(税込)です。

 

節約ポイント【3】:住宅ローン代行手数料

 

本来、仲介手数料の対価に含まれているはずの住宅ローンサポート業務に対して、なぜか、代行手数料を請求してきます。金額は会社によって異なり、55,000円・110,000円・165,000円が多く、最大で330,000円を請求された…という話も聞いたことがあります。

 

ゆめ部長は意味が分からない費用は請求しません!

ここでも約10万円節約できました♪

 

節約ポイント【4】:契約書作成・物件調査費用

 

仲介手数料が安い不動産屋さんは、どさくさ紛れに次の費用を請求することがあります。「仲介手数料無料」とアピールしながら、10万円~30万円くらい請求するみたいですよ。

 

契約書作成費用

物件調査費用

 

ゆめ部長なら当然無料の0円です!!

これで約20万円節約ですね。

 

1つだけゆめ部長の事例を紹介します ⇒ ⇒ ⇒

 

9,000万円の新築戸建をフラットで購入したお客さまの諸費用はわずか約160万円!つまり、物件価格の「約2%」でした。一般的には「約7%~8%」かかると言われていますから節約大成功と言えるでしょう!!自己資金が多かったのも大きかった案件ですけどね。

 

参考記事…

「住宅ローン代行手数料」に宅建マイスターが物申す!実は…返却してもらえる可能性があるそうですよ!

仲介手数料無料は全然あやしくない!仕組み徹底解説!

「仲介手数料無料」サービスは、きっと…いや、絶対に怪しく感じるはず。

 

でも、仕組みを理解できると、「おぉ、それなら問題ないじゃん!」「そもそも、通常はどれだけ儲けてるんだぁー」と怒ってしまうかもしれません。

 

それでは、仕組みの解説に入りますね。

 

ゆめ部長が新築戸建の購入をサポートしながら、買主さまの仲介手数料を無料にできる仕組みは、上の画像を見ながら次の解説を読むとすごくわかりやすいはずです。

 

まず、一般的な不動産屋さんがサポートする場合です。

 

・新築戸建を販売する不動産会社(売主さま)

・新築戸建を購入する皆さま  (買主さま)

 

両方の間に入り、売買契約を成立させます。この場合、一般的な不動産屋さんの仲介手数料(報酬)は次の通りです。

 

・売主さまから仲介手数料 3%+6万円

・買主さまから仲介手数料 3%+6万円

 

合計で成約価格×6%+12万円になります。

 

具体的に計算してみると…

 

3,000万円の新築戸建 … 192万円

5,000万円の新築戸建 … 312万円

8,000万円の新築戸建 … 492万円

 

※ すべて税抜で計算しました。

 

「こんなに利益とらなくてもできるだろ!?」

「企業努力で報酬を削れよ!!」

 

皆さま、心の底からそう思ったはずです。

 

だから、ゆめ部長は報酬を減らしました。買主さまからの仲介手数料を無料(0円)にするという方法で。

 

つまり、

 

皆さま(買主さま)からの仲介手数料がなくても、売主さま(不動産会社)からはもらえるのでタダ働きにならない!

 

ということなのです。

 

そもそもが貰い過ぎだから報酬をカット。それでも3%を確保できるから仕事として十分に成立する。とっても簡単なお話だし、怪しくないですよね??

安心して新築戸建を購入するためのサービス

仲介手数料無料が怪しくないことは理解できましたよね。

 

次にお話したいのは、ゆめ部長のサービスが「安かろう悪かろう」じゃない!ということです。具体的にどんなサービスが付いてくるのか…一緒に確認していきましょう。

 

サービス【1】:インスペクション対応

 

新築戸建でもインスペクション(住宅診断)を希望するお客さまはかなり増えました。正直、嫌がって断る不動産屋さんがたくさんいます。

 

なぜかと言うと…

 

インスペクションは3時間~5時間かかります。勝手に鍵を開けて検査してもらうわけにいかないので基本的には仲介会社の担当者も検査する時間は立ち会わなければいけません。

 

平日ならまだイイんですけど、買主さまも立ち会うことが多いため、土・日・祝で1日時間を確保することが多いです。歩合給の不動産屋さんにとっては、土日で1日取られるのは苦しいところなんですよね。

 

また、売主の不動産会社によっては、

「なに?ウルセー客なの!?」

「じゃあ、申込いらねーよ!」

なんて言われて電話をガチャ切りされることも…。

 

サービス【2】:ネット銀行対応

 

ネット銀行は、事前審査が内定しても本審査で否決されてしまうことがありますし、審査スピードが遅いうえに、不動産屋さんが間に入れないこともあります。だから、ネット銀行が嫌いな不動産屋さんはかなり多いと思います。

 

なお、完成済みの新築戸建の場合、引渡期日が売買契約から1ヶ月以内のことが多く、ネット銀行を利用できないこともあります。でも、金利が安いなどのメリットがあるためできるだけ要望に応えるようにしています!完成物件で利用しやすいのは「 住信SBIネット銀行」です。

 

サービス【3】:事前重説(重要事項説明)

 

不動産はこの世に1つしかないものですから、契約は「早い者勝ち」になることがあります。そのため、申込~売買契約まで時間がなく、売買契約の当日に重要事項説明を行う…こんな流れが標準的になってしまいました。

 

しかし、重要事項説明は最終判断をするために行うもの。できれば 3日前、遅くても 前日には完了しているのが理想的だと言えるでしょう。

 

そこで、契約まで時間にゆとりがあるなら、お客さまの自宅で事前重説を行います。お互いにちょっと大変ですけど、仕事終わりの遅い時間でも対応可能です。

 

サービス【4】:プロの説明

 

ゆめ部長は上級宅建士「宅建マイスター」です。不動産取引のプロとして仕事をしていますので、しっかり対応します!宅建士ではない営業マン、新人さん、勉強していないベテランさんには絶対に負けないサポートをお約束しますよ。

 

ハザード調査

諸費用と住宅ローンシミュレーションの説明

完成施工例と建物プレゼン対応(建築中現場)

価格交渉のコツ

不動産購入の流れ

 

などなど、やさしく・丁寧に説明するので一緒に頑張りましょう!

 

ちなみに、ゆめ部長は「売らない」営業マン。営業力でゴリ押しするタイプではなく、一緒に並走してサポートするタイプです。不動産屋さんの対応でイヤな思いをした人ほどゆめ部長のサポートは嬉しいみたいですよ。

 

サービス【5】:バックマージン禁止!

 

不動産仲介の仕事はバックマージン・パラダイス。

 

なんでもかんでも、紹介料が発生しますし、担当者が個人的に「お小遣い」をもらうことがあります。

 

ゆめ部長は、このバックマージンが大っ嫌い。だから、バックマージンをもらえるなら見積もりからその分を引いてもらっています。「自分が購入するなら任せたい!」そんなサービスを目指しているのです♪

 

参考記事…

不動産仲介の仕事はバックマージンとか不当請求だらけ…!?

ゆめ部長からのお願い

仲介手数料無料にしながら、お客さまに寄り添ってサポートは厚く!こうやって、一所懸命お仕事をしていると、どうしても…時間・体力・精神力に限界が訪れます。

 

そこで!!

 

省略できるサービスは思い切ってカットし、苦手な人はお断りすることにしました。応援したいお客さまに集中して時間を使いたいのでナマイキなお願いを許してくださいね。

 

お願いは次の通りです…

 

対応エリアは東京都・埼玉県・神奈川県

 

中央線「吉祥寺」駅 または 西武新宿線「武蔵関」駅  どちらかの駅から現場まで1時間以内が目安です。

 

販売価格2,500万円以上

 

価格交渉前の価格で判断しています。2,480万円など微妙な場合はお問い合わせください。

 

物件内覧は3回(3日)まで

 

「物件見学ツアー(車でまわる)」は1度だけ対応します。1日の内覧は3件までとしていますけど、物件見学ツアーは10件を限度にご案内します!

 

事前予約制

 

午前~お昼の部・午後の部で分けています。

 

車の送迎はありません

 

現地待ち合わせ・現地解散を基本にしています。

 

銀行審査はネットで行ってください

 

サポートが必要な案件は一緒に審査を進めます。 諸費用概算見積もり、ローン相談はいつでも大歓迎!

 

物件紹介は行っていません

 

インターネットで探してくださいね。スーモ・ホームズ・アットホーム・ヤフー不動産などのポータルサイトや、他社の不動産屋さんが運営するWebページに掲載されている物件でもOKです。

 

物件価格の5%を超える価格交渉は行いません

 

大幅値下情報をキャッチできた場合は先にお伝えすることにしています!売主さまから3%を超える仲介手数料が出る場合、超える分は値下げにまわしています。

 

契約後の立会は1度だけです

 

出社前に1回、帰宅後に1回、それぞれの両親が1回ずつ…過去にこんなお客さまがいました。正直、仲介手数料無料だと厳しいので予定をあわせて1回にまとめてください。

 

横柄な人はご遠慮ください…

 

マジメな人・優しい人・一所懸命な人からのお問い合わせをお待ちしています。 なお、「ウチの旦那は細かくて…」という奥さま。大丈夫です。ゆめ部長にお任せください!

 

基礎知識をしっかり勉強してください

 

他の不動産屋さんよりも丁寧に説明しますけど、最低限の知識がないと時間が全然たりないからです。頑張るお客さまは全力で応援したいので質問は何度でも笑顔で対応しますよ!

 

以上です!!

 

こうやって読むと、なんだか、ヒドイ不動産屋さんに思えてしまうかも…(汗)でも、仲介手数料は無料だし余計な経費もバックマージンも完全排除。それに、価格交渉もがんばるし、ゆめ部長が丁寧に対応するわけなのでかなりお得なプランだと思います!

 

不動産取引について勉強したい!なら…

ゆめ部長のYouTube・全12回からスタートするのがオススメです。

よくある質問集(FAQ)

よくある質問をまとめてみました!!

 

ここまでの内容の理解度を深めるために役立つはずです。疲れてきたと思いますけど、もう少し、お付き合いください。

【1】新築戸建なら全部取り扱いできますか?

残念ながら、取り扱いできない場合もあります。未公開・売主直売などは取扱できませんけど、全体の70%~80%くらいは対応できるはずです。気になる物件があればお気軽にお問い合わせください!すぐに確認してお知らせします。

【2】仲介手数料無料のデメリットはありますか?

正直に言いますけど…あります。

 

住宅ローン審査が厳しいお客さまであれば、大手仲介会社の方が審査が通りやすいです。

【3】信用していいのか判断できません…

質問…なのかな??と考えてしまうこのような問い合わせも結構あります。

 

「信用していいのかどうか…」これは、お客さまが判断することです。ゆめ部長は300本近いブログを執筆していますし、TwitterやYouTubeでも情報発信していますので、その情報に触れて判断してくださいね。それでも心配…という場合は、事前にzoomでオンライン面談をしましょう。

 

結果、フィーリングが合わなかった…当然そういうこともあるでしょう。その場合は遠慮なくお断りしてください。全く気にしなくて大丈夫ですよ!

【4】不動産屋さんの選び方を教えて!

新築戸建を仲介手数料無料でサポートする会社は東京都にはたくさんありますから、どうやって選ぶのか…悩ましいのはよく理解できます。

 

アドバイスするとすれば…人柄、誠実さ、親身な対応などを確認するために下記項目をチェックしてみるのはどうでしょうか?

 

メールの返信速度と内容

言葉遣い(ゆめ部長はちょっと軽いかも)

保有資格

SNS、ブログ、YouTubeなどの情報発信

「仲介手数料無料の仕組み」の説明がわかりやすいか?

 

このあたりをチェックして絞り込み、オンライン面談・現地内覧で会った時のフィーリングも大事にするのがイイと思います。

【5】他の不動産屋さんから変更できますか?

基本的には問題ありません。

 

ただし、仲介手数料が3%だと説明を受け、複数回 or 長期間 サポートしてもらっているなら変更するべきではありません。

 

たとえば…

 

1年マイホーム探しに付き合ってもらい、未公開物件の紹介を受け、建物プレゼンも確認済みで住宅ローンの事前審査も終わっている。でも、最後の最後で仲介手数料がもったいなくなった…これは、同業者として受け付けられません!

 

仲介手数料の事前説明がなかった…

担当者や不動産会社が信用できない…

などであれば、対応可能です。

 

なお、不動産屋さんを裏切る形になると民事上の損害賠償請求の対象になる可能性がありますので注意してくださいね。

 

参考記事…

不動産売却の「媒介契約」を宅建マイスターが徹底解説します!【保存版】

【6】仲介手数料のキャッシュバックはないの?

売主さまからの仲介手数料から一部をキャッシュバック(横流し)するそんな不動産屋さんもありますが、ゆめ部長は絶対にしません。また、旅行券・カタログギフト・家電などのプレゼントも行っていません。

 

なぜ、仲介手数料無料でサポートしているのに、お金を支払う必要があるのか…プロの仕事をしている自信があるので、このサービスをご希望でしたら他の不動産屋さんを探してみてください。

 

参考記事…

仲介手数料の無料や半額・定率制・定額制・報酬交渉制・キャッシュバック…いったいどうなる?不動産業界

お問い合わせ方法

現在、ゆめ部長1人で対応していますので、最初のお問い合わせは電話ではなく下記フォームからお願いします!!

なるべく早く返信するように心がけていますけど、場合によっては翌日返信になることもあります。どんなに遅くても翌日には返信できています!

 

※ 定休日 :水曜日(+たまに火曜日)

※ 営業時間:10:00~20:00

 

お客さまの都合に合わせて動いているため、定休日・営業時間は日によって異なります。大まかな目安になることをお許しください。

 

担当者のプロフィール!

エージェント紹介【1】『ゆめ部長』渡部直人(わたなべなおと)

最後に…

仲介手数料無料でしっかりとしたサポートをするのは大変なことです。実際、仕事がなくて(集客できなくて)、「仲介手数料無料なら問い合わせがくるだろう!」と安易に考えて失敗する会社をたくさん見てきました。

 

このサービスを実現させるためには、不動産取引をよく理解していなければいけませんし、効率的に件数をこなす能力も必要です。

 

「仲介手数料が安いなんて怪しい…」そんなセンサーが働くなら大丈夫でしょうけど、疑いの目を持たずに問い合わせるのは決してお勧めできません。しっかり不動産会社と担当者を選んでから購入のサポートを依頼してくださいね。

 

長文記事を最後まで読んでいただきありがとうございました。ゆめ部長の真っ直ぐな購入プランに興味を持ってくれた皆さまからのお問い合わせを心よりお待ちしています!

 

Twitter もフォローしてもらえると嬉しいです!

YouTube で学ぶ不動産売買の基礎知識

 

2021年07月08日 更新

マイホームの売却一軒家(戸建て)の購入
  • 売却スタンダードプラン
  • 売却フルサポートプラン
  • 売却ライトプラン
  • 新築戸建を仲介手数料無料で購入しよう
  • 不動産売却のセカンドオピニオン
この記事を書いた人
渡部 直人(ゆめ部長) ワタナベ ナオト
渡部 直人(ゆめ部長)
不動産取引の仕事一筋16年、仕事中心の生活をしてきました。ハッキリ言って仕事は趣味です(笑)でも…楽しく仕事をしている不動産業界には薄暗いイメージがあり、このままではダメだと思っています。そこで、ゆめ部長は考えました。お客さまが安心して取引できるだけでなく、才能あふれる人たちが楽しく働ける環境を作り、この暗いイメージを払拭・改善していこう!と。会社が幸せの発信基地になり、小さなHAPPYが拡がって欲しいと心から願っています。できることを1つずつ。コツコツ「幸せの種」をまいていきたいですね。
ゆめ部長の真っ直ぐ不動産仲介 - マイホームの売却や一軒家のご購入をサポート(東京・神奈川・埼玉)
arrow_upward