株式会社 麻布ハウス
10:00~19:00
水曜日
2018年12月30日
不動産売買の知識

現地内覧時にはじめて知る不動産屋さんの残念な感じ…【購入担当者編】

不動産屋さんのレベルは本当にバラバラです。「おぉーこの人はスゴイ!」と思う人は少なく、「これじゃあ、お客さまがかわいそうだな…」と感じる人の方が多くいるのは本当に残念な感じがします。この記事では、具体的にどんな不動産屋さんがいるのか?私が見てきた人たちをご紹介したいと思います。今回は「購入担当者編」です!

 

不動産業界15年宅建マイスター(上級宅建士)2級FP技能士の「ゆめ部長」が心を込めて記事を執筆します!それでは、さっそく目次のチェックからいってみましょう~

 

【目次】

1.  現地案内時に物件資料の準備すらしていない…

2.  物件情報を把握しないで現地を案内する…

3.  何もしゃべらず外でタバコ!

4.  鍵開け運転係でしかない…

5.  最後の締めは三流営業トーク…

6.  最後に…

現地案内時に物件資料の準備すらしていない…

お客様を現地へご案内することになると、充実したご案内をできるように資料を準備したり、内覧の手配をしたりしなければいけないので、急に忙しくなります。私たちのそんな業務の一部をご紹介しますと…

 

内覧物件が空室であれば、鍵の受け取りと返却の予定を立てます。麻布十番の物件をご案内するために鍵を渋谷に取りに行き、麻布十番をご案内した後に鍵の返却でもう1度渋谷に行く…ということもあります。

 

現地にキーBOXが設置してあっても油断はできません。土日は売主業者さんが定休日になって電話がつながらないことがあるため、事前に名刺をFAXして鍵の番号を確認しておかなければいけないのです。

 

居住中の物件ならば、売主さまへ内覧の予約を入れて日程調整を行います。すぐに調整できるとは限らず、数回のキャッチボールが必要なことも。また、火曜日・水曜日が不動産屋さんの定休日になるため、月曜日に内覧予約が入ると、確定できるのは金曜日になってしまうこともあるのです。

 

このあたりの事情をわからないお客さまは「なんで内覧予約だけでこんなに時間がかかるんだ!」と怒ってしまいます。

 

鍵の手配をしながら予定を組んだら、次はご案内ルートを考えていきます。どういうルートなら安全なのか、近道はどこなのか、地図を見ながら販売図面をルートに沿って並べ替えます。

 

内覧時の資料として販売図面・地図・物件資料などを用意し、お話が進む可能性がありそうなら、不動産購入申込書に必要事項をあらかじめ打ち込んで印刷し、住宅ローンの事前審査書類は複数の金融機関を持参します。他にも諸費用概算や毎月の返済プランも作成しておきます。

 

このように、しっかりやればご案内準備は大変な作業になってくるのですけど、それがメンドウなのでしょうね…。準備をなにもしないでご案内している不動産屋さんをよく見かけるようになりました。

 

先日、私が売却を担当している物件をご案内した営業マンは、販売図面すら持たず、ほぼ手ぶらできていました。販売図面がないため住所がわからず、待ち合わせ時間のギリギリに電話をかけてきて「住所を聞くの忘れちゃいました。現地はどこですか?」というわけです。もうこの時点で結果は予感できますね。この子は決められないな、と。

 

オジサンね、怒るよ。ホントに…。

物件情報を把握しないで現地を案内する…

販売図面に記載されている情報くらいはせめて目を通しておかないと、お客さまとのコミュニケーションをとることができません。築年数・間取りの特徴・広さ・駅距離くらいは即答できたほうがいいですよね。これは最低限のことで、少し注意が必要な難物件などであれば、資料をあらかじめ熟読しておくべきだと思います。

 

私が売却を担当している物件でこんなことがありました。

 

物件は中古の一戸建てで前面道路が私道。数年前にリノベーション 増築工事をした結果、建ぺい率と容積率をオーバーした「違法建築」になっていました。リノベーションの内容・増築箇所・住宅ローンの審査が通る金融機関・私道の持分や通行掘削承諾など、お客さまへ説明したいことがたくさんある物件でした。

 

この物件を内覧したいということで大手仲介会社の若者から連絡がありました。事前に私が所持している物件資料を送ってほしいとの連絡があり、「おっ、やる気あるな!」と期待していたのに、内覧当日はあっさり裏切られてしまうことに…。

 

現地内覧時には送った全ての資料を印刷して分厚いファイルを抱えていたので「任せておいて大丈夫かも。」と安心していたのに、資料に全く目を通していないことがすぐに判明してしまいました。

 

現地に早く着いてしまい、内覧時間までは10分以上ありましたので、私が私道に関すること・ゴミ置場に関すること・近隣に関することをお客さまへご説明していました。

 

そうしたら、若者の営業さんから「前面道路は公道ですか?私道ですか?」という質問が…。いや、今、私道って説明したし…どう見ても私道です。それに手元にある販売図面・公図などを見てもすぐわかります。

 

一緒に来た上席のお兄さんもしっかりフォローして欲しいな、と感じました。

 

他にも、リフォーム前後の間取図を作成して送っておいたのに、お客さまに見せながら説明することもなく、ただ背後霊のようにずーっと後ろをついて回るだけ。無言で付いてくるものだから、お客さまも落ち着かない様子でした。

何もしゃべらず外でタバコ!

建売住宅や空室の物件でよく見るのがこれです。「自由に見ていいですよー。私は外でお客さまに電話していますから。」と言って担当者がいなくなります。そして、お客様から見えない場所に移動すると、ポケットに手を突っ込んだままタバコを吸い始めるのです。

 

お客さまに物件の魅力や注意事項を説明しなくていいんでしょうか?自分の仕事をしないだけでなく、サボッているんですから…ヒドイものですよね。

 

さらに!タバコはすごく臭くて危険です!!タバコを吸った人が吐く息で受動喫煙の被害にあうわけですから、ご案内中は控えるべきですし、特にお子さんがいる場合は絶対に吸ったらいけません。タバコ臭い車内はテンション下がりますよね?

 

最近は「タバコを吸わない担当者希望」という問い合わせを見るようになりました。すごく良いことだと思います。

鍵開け運転係でしかない…

イケイケの不動産会社で働く新人さんでよく見るのがこれ。上司に言われるがままに車で現場を回り、お客さまがどんなことを言っているのか、次に何を言えばいいのか、お客さまが室内を見ている隙をみて上席に電話相談をしているのです。

 

物件の説明をすることができない新人さんですから、ただ車を運転して、ただ現地の鍵を開けるだけ。目標は…上席が待ち構える店舗にお客さまを連れ帰ること。

 

これで「成約価格×3%+60,000円」の仲介手数料を払えますか??

最後の締めは三流営業トーク…

現地を内覧した後に聞くのは「三流の営業トーク」らしいです。

 

「いやースゴイよかったですよね!こんないい物件見たことないですから、今すぐ申し込まないと他の人に取られちゃいますよ。ホント奇跡の物件だと思います。」と、内覧した物件の全てで言われた…というお客さまもいました。

 

悪いことは言わずに良いことばかり。そして煽る。「マイホーム購入で最大の敵は不動産屋だ!」と言われてしまうのも仕方がないことですね…これでは。

最後に…

マイホーム購入は大きなお買い物になりますから、「あれっ?この人、なんか変じゃない?」と感じたら、他の不動産屋さん・担当者を探すようにしましょう。案内してもらったから断りづらいなぁ…なんて思う必要は一切ありません!

 

納得できるマイホーム探しをするためには、物件を探すよりも先に、不動産屋さんと担当者を探して選ぶことをオススメします。

 

人も物件も良いご縁に巡り合えるといいですね!がんばってください。

 

ちょっとだけ、麻布ハウスを紹介してもよろしいですか?

 

新築戸建てへ買い替えを検討しているなら、麻布ハウスの売却サポートはいかがでしょうか?お買い替えのお客さまは、購入物件の仲介手数料を半額・無料でお手伝いします!新築戸建は高確率で仲介手数料無料にできますよ。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。よかったら、Twitterもフォローしてください!!

この記事を書いた人
ゆめ部長 ユメブチョウ
ゆめ部長
不動産のことが大好き!宅建マイスター&2級FP技能士の「ゆめ部長」です!営業スタッフとして、たくさんのハッピーなご縁を結ぶ経験を積んでから、「Webページ製作スタッフ」 兼 「スペシャルエージェント」として活躍中♪毎日のお仕事に情熱をもってワクワク取り組んでいます!夢は、みんなに頼られる優しい不動産屋さんとしてTV出演すること!!
arrow_upward