株式会社 麻布ハウス
TEL
10:00~19:00
水曜日
menu メニュー
2019年08月14日
お客さまの声・売却大成功事例!

大手で内覧1件だった中古戸建。担当変更して2週間で内覧5件で即成約!【不動産売却・大成功事例4】

田園都市線・世田谷区の一戸建ての売却をお手伝いした案件です。売却と同時に新築戸建の購入もお手伝いさせていただきました!

 

このエリアで圧倒的な力をもつ大手仲介会社でさえ、売却活動3か月で案内がたった1件しかなかったのに、私のサポートでは2週間で案内が5件も入り、わずか3週間で申込になりました。

 

大手のサポートに私が圧勝した売却大成功事例をご紹介します!

売却大成功した中古戸建てはどんな不動産だったの?

世田谷区の閑静な住宅街にある築16年の中古一戸建て。

 

駅から少し離れた場所になりますけど、整然とした街並みと広く整備された道が解放感を演出し、駒沢公園まで直線距離で約600mという立地が魅力的でした。

 

建物には地下があり、プロジェクターとスクリーン付きの防音室になっています。趣味の映画や音楽を楽しみたい人、ワンちゃんと一緒に住みたい人などの需要が見込めるので「ピタっとはまる人が必ずいるだろうな!」と思いました。

 

建物状態はすごく良好で、売主さまの穏やかな人柄を映したように整理整頓された室内がさらに好印象!「この売主さんが住んでいたなら心配ないね!」こんな安心感が最後の決め手になる…そんなこともありますから、室内の綺麗さ・清潔感もすごく大事です。

売却不動産の内覧数を劇的に増やせる理由

ナマイキに聞こえるかもしれませんけど、ゆめ部長が内覧数を劇的に増やせるのは、他の不動産屋さんとはレベルが違うからです!!

 

「仕事への姿勢・プロ意識」が違うからこそ得られる「高値成約の経験値」「高値成約に必要な知識」がゆめ部長にはあります。さらに、「物件への惚れ込み」と「アピール力(広角カメラによる写真)」がマイホームを探しているお客さまの心をつかんでいるのだと思います。

 

査定訪問時に室内をサラッとみて終わる不動産屋さんと違い、ゆめ部長はお客さまと一緒に室内をまわって自分の目で魅力・問題点を確かめています。住んでいるからこそわかる魅力を売主さまにヒアリングするのですけど、このことが意外と喜ばれています。

 

この現場でも、お部屋の中を順番に見ていくなかで「本当に素敵なお家だな!」と惚れ込みました。今回、どんなところに惚れ込んだかのか…?といいますと…

 

【Point.1】

3面採光 + トップライトで明るさを確保しつつ、窓から見えるみどりが落ち着きを与えてくれる主寝室

 

木のぬくもりを感じられるのがとても良かったです!

 

【Point.2】

いろんな用途に利用できる地下防音室

 

どれくらいの防音効果があるのか…?についても、当然、売主さまへヒアリングしました。「夜中にボリュームMAXで映画を再生して外に出てみたら、音が全く聞こえなかった!」ということでしたから、これは強いアピールポイントでしょう。楽器演奏・カラオケ・趣味の映画・ワンちゃんとの生活など、充実した生活が思い浮かんできます。お客さまが内覧したときに、防音効果を確かめられるように、音楽を流す準備をお願いしておきました。楽器を演奏するお客さまだと、自分の楽器を持ってきちゃうくらい重要なポイントですからね。

 

【Point.3】

リビングとダイニングをつなぐカワイイ「Rの入口」

 

「Rの入口」というのは、入口が四角ではなく、上部が半円形のデザインになっているものです。ワンポイントのアクセントで柔らかくてカワイイ印象になります!

 

【Point.4】

大切に使われていたことがわかるキレイな室内

 

大事にされてきた素敵なお家ですと「大切に使ってくださる買主さまを見つけたい!」と、やる気が満ちてくるものです。お家にも感情がありますからね。雑に扱われたら可哀そうだと思うのですよ。

 

こうやって室内を確認しながら、魅力的な部分をカメラのレンズを通して切り取ることで、訴求力のある写真を撮影できます。

 

このキレイな写真を販売図面に10数枚掲載し、さらに、現地を見て魅力的に感じたポイントをコトバに込めます。こうやって丁寧にお仕事をするから、お客さまの心に響く、温かみのある販売図面ができあがるのです。

 

もう1つ大事なのが「情報の拡散」です。せっかくキレイな写真を撮って販売図面に気持ちを込めたとしても、それがマイホーム探しをしているお客さまへ届かなければ何の意味もありませんからね!

 

この現場では、他社仲介さんの広告掲載を「すべてOK」として、私は売主さまだけを担当する「売主さまの専属エージェント」として売却をサポートしました。

 

その結果、撮影した写真は26社から送付請求があり、それぞれの会社の自社Webサイトだけでなく、スーモ・ホームズ・アットホームなどのポータルサイトネットにも掲載してもらえました。

 

また、写真請求がなかった仲介さんにもネット掲載してもらえていましたので、全部で50社近くがネット掲載するという「情報拡散の大成功」を収めました。

 

26社からの写真請求に迅速対応し、電話での質問にも感じよく対応すると、すっごく疲れます。でも、すべては売主さまの信頼に応えるためですから、妥協はしたくありません。

 

「自分が売るときに任せたい担当者」をイメージして、ゆめ部長は誠実な仕事を心掛けています!

不動産売却を大成功に導いた準備

訪問査定のときはいつも広角カメラを持っていきます。しかし、少しお荷物を整理してもらった方がキレイな写真を撮れますから、大体いつも天気の良い日に再訪問して写真を撮影することになります。

 

この現場は会社からちょうど1時間かかりました。業務を効率化させるためには、その場で写真を撮影するべきでしょうけど、効率化よりも売主さまの「なっ得!」を重視したいと考えていますので、ここはゆめ部長が頑張ります。

 

写真撮影で心掛けたことは、地下室の魅力・室内のキレイさをしっかりとアピールすることです。

 

大事な地下室は少しでも広く見せるために苦労しました。階段に座り、右足で踏ん張りながら身体をそらせた後にカメラをググっと顔に引き寄せます。ここで、腹筋に思いっきり力を入れて息を止めます。ちょっとプルプル震えているのが恥ずかしいですけど、ピンボケしないように、水平と垂直をがズレないように、脇を閉めて踏ん張ります!

 

プロジェクター・スクリーン・ソファーを1枚の写真に全て写すことで「趣味の映画を楽しみませんか!?」というメッセージを写真1枚に込めることができました。

 

売主さまから「こんなに本格的に撮影してもらえるとは思わなかった!」とのお言葉があり嬉しかったです!

 

室内のキレイさをアピールするためには、室内の小物にも気を配り、片付けるか見えないところに移動してから撮影します。細かいところですけど、特に女性の感性に訴えかけたい場合は、こういうところも本当に重要ですから、気を付けましょう。

 

家具も移動しながらの撮影でしたからすごく疲れました…。だけど、充実感たっぷりの撮影になり、やりがいがありました。

 

ゆめ部長の撮影方法を少しだけご紹介しましょう~

 

カメラを構える高さは1mくらいが良いと思います。不動産屋さんが撮る写真のほとんどが自分の目の高さのため、いろんな物が台形に写り、気持ち悪い写真になっているのです。

 

1mの高さにするには、壁に背中を付けてしゃがみ込みます。ときには床に座ることもありますし、寝転がるようにして撮影することもあります。

 

スーツが汚れるから…なんてカッコつけることに興味はありません。ステキな写真を全力で撮る!この1点のみを重視する方がプロな感じでカッコよくありませんか!?

 

こうやって妥協ない努力をしていますから、大手不動産会社に勝つなんて、簡単だし、あたり前のことなんです。

最後に…

「大手の会社だから…」「銀行系の会社だから…」「このエリアに特化して実績がある会社だから…」そんな理由だけで、不動産屋さんを信用して任せきってしまうことはお勧めできません。

 

大手不動産会社をライバル視して「悪い」とは言っていません。でも、担当者の実力不足の可能性は残念ながらあるのです。また、相性が悪くてうまくいかないことだってありえます。

 

ちなみに、このお話で登場した大手の担当者さんは、査定当日にスマホで適当に写真をパチパチ撮っただけだったそうです。あまりにも低品質でセンスのない写真だったため、売主さまが自分で撮影した写真を送ったのに、それを使ってくれることすらなかったそうです…。

 

こんな担当者に時間と労力を使ってしまっては疲れてしまいます。担当者の実力とやる気はメールのやり取りだけでも感じ取れます。何も感じられなければ、実力もやる気もないということだと判断してしまってよいと思います。

 

私が売主さまからいただいたメールを紹介します。

 

「これまでの不動産屋さんのイメージが一新されるほど、対応が素晴らしかったです。大手とは比較にならないレベルなので、自信をもっていただいて良いと思います。」

 

レベルの高いお客さまにこうやって評価していただき、本当に、本当に、嬉しくて。この仕事をやっていて本当に良かったです!M様、最後までお付き合いくださり、誠にありがとうございました。

 

最後に営業モードで少しお話させてください。

 

みなさまは、頼れる担当者さんに出会えていますか…?

 

私たちは他社さんからの乗り換えも大歓迎ですし、セカンドオピニオンとして、媒介契約期間中の相談にも対応しています。

 

メールのやり取りや電話を通して私たちを試していただき、信頼できると思えたら、お会いしてお話をしましょう。

 

お問い合わせ、心よりお待ちしています!

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。よかったら、Twitterもフォローしてください!!

 

シリーズ記事の一覧はコチラ…

お客さまの声・売却大成功事例

 

2019年8月17日追記…

「手数料0円売却」・「セラーズエージェント」は準備中なので「仲介手数料半額の不動産売却」をご検討ください。現在は「購入」サポートもお休みしています。

 

事情を説明した記事はコチラ…

【超・重要なお知らせ】「セラーズエージェント」「手数料0円売却」をしばらくお休みにします。

この記事を書いた人
渡部 直人(ゆめ部長) ワタナベ ナオト
渡部 直人(ゆめ部長)
不動産取引の仕事一筋15年…仕事中心の生活をしてきました。ハッキリ言って仕事は趣味です(笑)でも、不動産業界にはなんか暗いイメージがあります。そこで、ゆめ部長は考えました。お客さまが安心して取引できるだけでなく、才能あふれる人財が楽しく働ける環境を作り、この暗いイメージを払拭・改善していこう!と。「全員がHAPPY」なんてムリだけど、ゆめ部長と係わってくださったお客さまにはHAPPYになってほしい。できることを1つずつコツコツ積み重ね「幸せの種」をまいています♪

お問い合わせ【売却】

INQUIRY
プラン
お問い合わせ内容
必須
物件の種別
必須
必須
万円
必須
必須
必須
(入力ミスにご注意ください!)
必須
(確認用)
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward