株式会社 麻布ハウス
TEL
10:00~19:00
水曜日
menu メニュー
2018年12月30日
不動産売買の知識

売却不動産募集チラシに書かれた「購入希望」情報はウソばっかり!

自宅ポストに「売却物件大募集!」のチラシが入っていたことがあると思います。「すぐ購入したいお客さんがいます!」なんて書かれていますけど、このチラシの内容をみなさんは信じますか?「信用しちゃう!」そんな純粋な人へ向けて、この記事で不動産屋さんの裏側をお話します。

 

不動産業界15年宅建マイスター(上級宅建士)2級FP技能士の「ゆめ部長」が心を込めて記事を執筆します!それでは、さっそく目次のチェックからいってみましょう~

 

【目次】

1.  「売却不動産大募集!」のチラシに書かれていること!

2.  なぜ「売却物件募集の」チラシをまいているの?

3.  チラシに書かれた「購入希望者」なんて存在しない!?

4.  コンプライアンスの問題からは簡単に逃げられる!

5.  実はかなりの人がダマされている!

6.  最後に…

「売却不動産大募集!」のチラシに書かれていること!

「〇〇マンション」限定で購入を検討されているお客様がいらっしゃいます!

 

「〇〇小学校」学区のエリア限定で至急お住まいをお探しです!

 

「〇〇線」沿線で予算6,000万円~7,000万円で一戸建てをお探しです。夫婦共働きのため保育園や小児科などが近くにあると検討しやすくなります。

 

「2世帯住宅」を注文建築するために広い土地をお探しです!予算は1億円以上ある裕福なお客様です。

 

税理士から社宅を建築するように勧められている会社社長からの依頼です!検討できるのは200坪以上の大きな土地になります。

 

など、いろいろありますね。マンションポエムと同じで「みんなアレコレよく思いつくな~」と、私は感心しています(笑)

なぜ「売却物件募集の」チラシをまいているの?

不動産屋さんは「売却物件」をたくさん集めたいと考えています。なぜならば、集めた売却物件を買いたい人を自分で見つけると「成約価格×6%+12万円」の仲介手数料を稼ぐことができますし、この物件は自分が窓口の「未公開物件」になりますから、売り上げにつなげやすいのです。

 

マイホームを探しているときに、不動産屋さんから「誰にも言わないでくださいね。これは私だけの未公開物件ですけどコッソリ先に教えちゃいます!」と言われたら…このフレーズの攻撃力がスゴく高いのは想像できることでしょう。

 

というわけで、少しでも多くの売却物件を集めるための1つの手段として(暇な営業マンの暇つぶしとして、上席への頑張っているアピールとして、売れない営業マンの罰として…)売却物件募集チラシをまいているのです。

 

私も新人の頃「エリア限定・マンション限定」で探しているお客さんのために、そのマンションでの売却情報を見つけようとチラシをまいていたことがあります。私は本当にお客さまがいたましたが、こんなマジメな人は少ないでしょう…

 

大手の看板や地域密着の知名度がないと、チラシで売却物件を探すのは効率が悪すぎるため、今はやっていませんし、今後もやる予定はありません。

 

私たちはムダな仕事を減らすことでお客さまに親身な対応をする時間をつくっています。昔ながらのやり方は効率が悪すぎです。効率性を重視した仕事を意識すれば、もっと良いサービスを提供できるのだと考えています。

チラシに書かれた「購入希望者」なんて存在しない!?

いくら大手のブランドがあっても、「売却物件大募集!」とチラシに書いただけで売却情報が集まるほど簡単にはいきません。そこで、このチラシにリアリティを加味するべく「架空の購入希望者」をつくり上げるのです。

 

「購入希望のお客さまがいるので、あなたの不動産を売ってください!」というストーリーだと、チラシを手に取った人は「自分の不動産を高く評価してくれているんだな!」と感じます。そのシーンを自分のこととして想像してみたら、なんだか嬉しくなってきませんか?

 

嬉しくなった人、きっと、いますよね!そう、こうやってダマされていくのです。

 

大手は各沿線の主要な駅に店舗を置いていますから「〇〇学区限定・〇〇マンション限定」というチラシには信用力があります。大手のブランド + 自尊心をくすぐるようなチラシ。なかなかの威力がありますね。

 

顧客名簿を探せば該当するお客さんがみつかりそうですから、完全にウソ広告とは言えないかもしれませんけど、学区限定でも、新築戸建と築20年の中古戸建では価格に差がありますし、マンション限定でも、間取り・方位・階数で予算がだいぶ違います。もっともらしく読めてしまいますけど、よく考えてみたら、なんかウソっぽいな~と思えて信用できなくなってきませんか?

 

社宅とか2世帯住宅の話はどうでしょうか?このストーリーで狙っているのは、相続などで大きな一戸建てやアパートなどを売却するケースです。「社宅・2世帯のお話はお客様の希望に合いませんでしたが、建売会社が高値で購入を希望しています!」と言って、建売住宅用地を探している不動産会社を紹介してきます。土地の仕入れができなければ建物を建てられないわけですから、担当者やその上席にお小遣いをあげたり、接待するなんてことはよくあることです。

 

こうやって仲介手数料をできるだけ多くもらえて、しかも自分が楽しめる方向に誘導してくのです。お小遣いを貯めて高級車を買ったり、マンションを買ったり…そんなウワサをたくさん聞いてきました。あぁ…嫌な業界です。

コンプライアンスの問題からは簡単に逃げられる!

チラシにウソばっかり書いていたらコンプライアンスで大問題です。そこで、顧客名簿が残っているお客さんの問い合わせ内容を記載したり、本当にあった問い合わせの希望条件を緩くして記載しています。

 

「コンプライアンスに引っかかるでしょ!」と言っても、いくらでも逃げられるように準備をしているのです。

実はかなりの人がダマされている!

「そんなチラシを信じるわけないでしょ!」と思っている人、危ないかもしれませんよ!「オレオレ詐欺」とか「宗教」とかと同じで、ダマされないと思っている人の方がダマしやすいのかもしれませんからね。

 

私のもとへ「売却を依頼しているけど、担当者の対応が悪くて…」「大手に依頼したのに売れないんだけど、どうしたらいいの?」というお問い合わせがたくさんあります。そこで、なぜそこの不動産屋さんに売却を依頼したのか聞いてみますと、実は、この売却物件大募集!チラシを見て「すぐに買主さんが見つかると思った。」というお話が意外なほどに多いのです。大手のブランド力は絶大ですね…。

最後に…

売却物件大募集!チラシのお客さまが実在する可能性はとても低いので本当に注意してください。もし本当にそのお客さまがいた場合ですけど、その不動産屋さん以外の会社から売りに出されたら買わないのでしょうか?そんなことはありませんよね。

 

それほどの信頼関係を築ける優秀な営業さんって、ほんの一握りだと思います。だから、心配しないでください。

 

納得のいく売却を成功させるために、不動産屋さんの営業トークをすぐに信じたりしないで、少しだけ冷静に考える時間をつくるようにしましょう。

 

判断できずに心配になってしまったなら、私たちに会いに来てくださいね。一緒に考えれば、きっと大丈夫ですよ。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

2019年8月17日追記…

現在、「手数料0円売却」・「セラーズエージェント」はお休み中です。「仲介手数料半額の不動産売却」をご検討ください。

 

事情を説明した記事はコチラ…

【超・重要なお知らせ】「セラーズエージェント」「手数料0円売却」をしばらくお休みにします。

この記事を書いた人
渡部 直人(ゆめ部長) ワタナベ ナオト
渡部 直人(ゆめ部長)
不動産取引の仕事一筋15年…仕事中心の生活をしてきました。ハッキリ言って仕事は趣味です(笑)でも、不動産業界にはなんか暗いイメージがあります。そこで、ゆめ部長は考えました。お客さまが安心して取引できるだけでなく、才能あふれる人財が楽しく働ける環境を作り、この暗いイメージを払拭・改善していこう!と。「全員がHAPPY」なんてムリだけど、ゆめ部長と係わってくださったお客さまにはHAPPYになってほしい。できることを1つずつコツコツ積み重ね「幸せの種」をまいています♪

お問い合わせ【売却】

INQUIRY
プラン
お問い合わせ内容
必須
物件の種別
必須
必須
万円
必須
必須
必須
(入力ミスにご注意ください!)
必須
(確認用)
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward