株式会社 麻布ハウス
10:00~19:00
水曜日
2018年12月30日
不動産売買の知識

不動産の仲介会社ってなに…?そんな疑問に宅建マイスターがお答えします!

不動産を売ったり、買ったりするとき、仲介会社が皆さまのサポートするということを知らない人の方が多いかもしれません。そこで、仲介手数料を支払うことになる仲介会社って…そもそも何?という疑問にお答えしておこうと思います。不動産以外の仲介サービスを使った私の経験を織り交ぜながら解説しますね。

 

不動産業界15年宅建マイスター(上級宅建士)2級FP技能士の「ゆめ部長」が心を込めて記事を執筆します!それでは、さっそく目次のチェックからいってみましょう~


【目次】

1.  不動産仲介会社の仕事は、売主さま・買主さまをつなぐこと!

2.  仲介会社なしでの契約もありますよ!

 2-1.  売主の不動産会社直売物件

 2-2.  個人の売主さま・買主さまが協力して売買契約を行う場合

3.  不動産売買で仲介会社が存在する価値を考えてみましょう!

4.  私が不動産以外の仲介サービスを使った経験を語らせてください!

 4-1.  婚活

 4-2.  人材紹介

5.  最後に…

不動産仲介会社の仕事は、売主さま・買主さまをつなぐこと!

仲介会社は、売主さま・買主さまをつなぎ、売買契約を成立させることが仕事なので、結婚するときの仲人さんのようなイメージを持つ方もいるかもしれませんが、それは少し違うことが多いと言えます。

 

なぜなら、売主さま高く売りたい立場で、買主さまは安く買いたい立場ですから、売主さまを優先させれば買主さまが損をし、逆に、買主さまを優先させれば売主さまが損をする「利益相反」関係になるからです。

 

売主さま・買主さまのどちらかだけ担当する契約を「片手契約」といい、売主さま・買主さまの両方を同時に担当する契約を「両手契約」といいます。

 

片手契約であれば、売主さまを担当する不動産屋さんと、買主さまを担当する不動産屋さんが「VS関係」になりますから、離婚訴訟の弁護士だと考えてみるとわかりやすいかもしれませんね。

 

両手契約はどちらか一方を味方するわけにはいきません。とはいえ、実際に行われている実務では、どちらか弱そうな方を攻めて契約を成立させ、不動産屋さんは「仲介手数料をもらえたからそれで良し。どちらかが損をしても知らない。」という立場です。

 

仲介手数料を稼ぐことを最優先せず、本当にお客さまのことを考えてくれる腕の良い担当者さんなら、結婚の仲人さんのようなイメージも成立すると思います。

 

ご年配の社長さんで、このようなプロの仕事をしているのを見たことがあります。絶大な信頼感が結んだご縁を見たとき、ちょっと感動してしまいました。「一生現役!」という姿がカッコイイ!!

 

麻布ハウスの「セラーズエージェント」は、買主さまを麻布ハウスが見つけることができた場合は両手仲介になります。高値成約を狙いながら、買主さまからも仲介手数料をもらいますので、離婚訴訟の弁護士というわけではなく、どちらかというと結婚の仲人さんのような立場になります。

 

では、どうやったら買主さまの立場も考慮しながら高値成約を目指せるのでしょうか…?それは…物件を一所懸命磨いて価値を高めることで実現させます!

 

フラット35を利用できるようにしておく。

築年数が経過していても住宅ローン減税を利用できるようにする。

ハウスクリーニング・リペアで徹底的に準備

女性目線と男性目線を意識したアドバイス

情報を圧倒的に拡散させる

綺麗な写真で内覧数を増加させる  などなど…。

 

こういうところを比較してみると、仲介会社のレベルを確認できますね。ただ単純に、物件紹介 ⇒ 現地案内 ⇒ 契約 ⇒ 住宅ローンサポート ⇒ 現地立会 ⇒ 引渡をするだけが仲介の仕事ではないのです!

 

スーパー社長さんたちのように、笑顔咲く取引を目指して頑張っています。

仲介会社なしでの契約もありますよ!

仲介会社は売主さま・買主さまをつなぐ仕事ですから、自分で相手を見つけられたら、別に仲介会社に頼まず、仲介手数料を節約しても良いことになります。2つのパターンに分けて解説してみましょう。

【1】売主の不動産会社直売物件

売主の不動産会社が仲介会社に頼らず、自社でスーモ・ホームズ・アットホームなどのポータルサイトに情報を掲載したり、新聞折込広告とポスティングを行いながら現地販売会を開催して販売しているケースがあります。

 

このような場合、売主さまから直接購入することになりますから、「仲介」する立場の会社が存在していません。だから、仲介手数料はかからないことになります!

 

新築マンションでは、ほとんどのケースで仲介手数料はかかりませんよね。

【2】個人の売主さま・買主さまが協力して売買契約を行う場合

仲介会社に頼まなくても、買主さまを見つけることができるケースがあります。

 

例えば、隣地・親戚・知り合い・相続人・離婚時の元奥さんなどが「購入したい」と言ってくれることは十分に考えられることですよね。

 

このとき、不動産取引のプロである仲介会社に入ってもらわず、売主さま・買主さまが協力して売買契約書を作成することもできなくはありません。ただ、ちょっと心配がありますので、お時間があれば下記の記事を読んでから判断してください。

不動産売買で仲介会社が存在する価値を考えてみましょう!

「仲介会社が入るから仲介手数料がかかってイヤなんだ!なんとか排除して契約できないものだろうか…?」こんな話を仲介会社の私にしてくるお客さまもいるくらいですから、私たちをジャマ者扱いしている人は多いのかもしれませんね~(苦笑)

 

しかし、私たちには間違いなく存在価値があります。そこを解説させてください。

 

仲介会社の仕事は、売主さまの物件を販売すること、買主さまのマイホーム購入手続きをサポートすることです。

 

私たち仲介会社は、高額な広告費を支払い、売主さまの物件情報を買主さまに向けてアピールします。スーモ・ホームズ・アットホームなどのポータルサイト・自社Webページ・新聞折込チラシ・ポスティング・現地販売会だけでなく、このような活動によって顧客登録してもらったお客さまへの紹介なども行います。

 

仲介会社がなければ、これだけ多くの情報を無料で簡単に手に入れることなんてできないと思います。また、売主さまが自社で広告を行えば、その広告費は物件価格にオンされますし、皆さまの購入手続きもサポートしなければいけないので、ノウハウが必要になり、人件費だって結構かかります。

 

つまり、仲介会社が売主さまの広告費・人件費を支払っているからこそ、現在の販売価格で抑えられているのであって、仲介会社が無くなれば、広告費・人件費などが販売価格に結局オンされるわけですね。

 

もう1つ反対の考えも書いておきます。

 

実は不動産屋さんの数は多すぎる状況なんです。不動産業界は参入障壁が低く、簡単に多額な利益を出せる可能性があるため、たいして仕事ができないのに残っている会社がたくさんあると言えます。

 

この会社があることで過当競争が起こり、不動産屋さん同士がムダな仕事と広告費用を発生させているという面もあると思っています。

 

妥当な数まで不動産屋さんが減れば、もっと情報の正確性・鮮度が上がりますし、仲介手数料を安くすることもできるのではないかと考えています。

 

減らす方法は簡単。宅建士持っていなければ即退場。アメリカのようにレベルの高い資格を作り、その資格に合格しなければ「3%+6万円」の仲介手数料を取れないようにしたらどうでしょうか。

 

ちょっと乱暴ですけど、高額な商品を扱っていることを考えれば、これくらいの刺激があっても良いと思います。その結果、不動産業界の地位が向上し、モンスタークレーマーに毅然とした態度で「NO!」と言えるようになるはずです。

 

最近の記事は脱線しっぱなしですね…失礼しました。

私が不動産以外の仲介サービスを使った経験を語らせてください!

世の中、意外と直接取引は少なかったですよね。農業・漁業では知識があって信頼できる仲買人さんに頼っていましたし、私のように、婚活や転職でも仲介を使っている人もいるかと思います。

 

仲介サービスを提供する側から、提供される側になって感じたことをまとめます。なお、先に結論を言っておきますと…「考えていたよりも、仲介というサービスには価値があるな…」です。

【1】婚活

私が嫁さんと出会ったのは婚活です。「えーっ婚活!?」とか「なんでそうなるの?」とか、いろいろ言われましたけど、なんでそんな拒否反応があるのかよくわかりません…。別に堂々と「婚活したんだよねー」と言っても良いと思うのですけどね。

 

というわけで婚活の話をします。

 

婚活は男性と女性を結びつけるサービスですね。レインズと同じように、会員の男性・女性が登録する協会があり、そこに所属する仲人さんが、良い人に巡り合えるようにサポートしてくれるわけです。

 

私の場合、最大手のIBJという協会に所属している女性の仲人さんにお願いしました。写真撮影のポイント・写真屋さんの紹介・アピール文の加筆と修正・お見合いのアドバイス・プロポーズまでの戦略など、いろいろと丁寧にサポートしてもらえたので、私の婚活は数か月で終わりました。

 

いろんなWebページを見ましたけど、書いていることがメチャクチャな仲人さん、書いているのは良いことなのに、会ってみたら変な仲人さんもいました。また、私たちは不動産業界でいうところの「物件」ですから、良い物件を仕入れることに夢中の仲人さんも…。不快感を与えていることに気づくこともできないんだな…と思ったりもしました。

 

「ピカピカの物件じゃなくて悪かったね」と思いました(笑)

 

こうやって逆の立場にたってみると、良い不動産会社・信頼できるスタッフを探すのは、なかなか大変だな…と思いました。でも、諦めずに一所懸命探せば、感度の上がったアンテナには引っかかるもの。皆さまにも、不動産屋さん探しを頑張ってもらいたいですね。

 

結婚も不動産も人生で重要なイベント。この経験は貴重なものになりました。

【2】人材紹介

私は何度か転職しているのですが、出戻り・紹介・起業だったので、不動産専門の人材紹介サービスを使ったのは1度だけです。しかし…利用して本当に良かったと思っています。

 

人材紹介サービスは、就職先を探している人と、スタッフを募集している会社を結びつけるのが仕事ですよね。

 

私が自分で求人情報を探した感想としては、情報が古い・薄い・ウサンクサイと感じるWebサイトが多く、探すのが大変だな…と探し始めて1日でイヤになってしまいました。

 

私が過去勤務した会社の応募を見てみたら…

 

毎月お客さまを15組~20組任せます!  ⇒ ウソ

みんな定時の19:00には帰社しています!  ⇒ ウソ

週休2日でプライベート充実        ⇒ ウソ               

売り上げ好調             ⇒ ウソ

不動産業界を改善したい        ⇒ 大嘘!

入社1年以内で月収1,000万円の実績も… ⇒ 過去の給与体系

平均年収700万円以上           ⇒ ウソ

経験に応じて固定給の相談に応じます  ⇒ ウソ

 

不動産業界は特にウソつき求人が多いので本当に困りました。

 

そこで、人材紹介サービスを利用して、専属のスタッフさんに希望条件を元に紹介してもらうことにしました。

 

そのスタッフさんが、特定の会社と太いパイプがあるため、そこに行かせようとしているのかな…と思う部分はありましたけど、求人情報の内容と現場の違い、新着の優良求人情報、募集よりも高い固定給を交渉してくれるなど、満足度の高いサービスを提供してもらうことができました。

 

このスタッフさん、本当にプロと言えるレベルでして、多くの会社を自分で見に行き、社長さんと直接情報交換をして、たまに一緒に飲みに行ったりしているとのことでした。だからこそ得られる情報、経験値があるからこそのアドバイスは本当に役立ちますよね。

 

信用できる情報を得るためには、信用できる人から情報をもらうことが手っ取り早くていいな!と改めて感じ、仲介サービスの価値を再認識できました。

最後に…

「仲介手数料は高いのか…?安いのか…?」この疑問を考えるためには、仲介会社の仕事内容・サービスの価値を正しく理解しておく必要があると思ったので、この記事を書いてみました。

 

ただし、私は「法定上限の仲介手数料を納得して支払ってくださいよ。」という立場ではありません。仲介手数料は、物件によっては安すぎますし、物件によっては高すぎるからです。物件の価格・物件調査のレベル・物件の流通性・物件価値上昇分などを総合的に見て判断してもらえるようになっていくといいな…と考えています。

 

そうなれば、私の仕事は「3%+6万円」の価値がある!と理解してもらえるはずですからね(笑)

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。よかったら、Twitterもフォローしてください!!

この記事を書いた人
ゆめ部長 ユメブチョウ
ゆめ部長
不動産のことが大好き!宅建マイスター&2級FP技能士の「ゆめ部長」です!営業スタッフとして、たくさんのハッピーなご縁を結ぶ経験を積んでから、「Webページ製作スタッフ」 兼 「スペシャルエージェント」として活躍中♪毎日のお仕事に情熱をもってワクワク取り組んでいます!夢は、みんなに頼られる優しい不動産屋さんとしてTV出演すること!!

お問い合わせ【売却】

INQUIRY
プラン
お問い合わせ内容
必須
物件の種別
必須
必須
万円
必須
必須
必須
(入力ミスにご注意ください!)
必須
(確認用)
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します

お問い合わせ【購入】

INQUIRY
お問い合わせ内容
必須
必須
必須
必須
(入力ミスにご注意ください!)
必須
(確認用)
第1希望
-
-
第2希望
-
-
第3希望
-
-
マンション名(戸建ては住所)・物件価格でもOK
マンション名(戸建ては住所)・物件価格でもOK
マンション名(戸建ては住所)・物件価格でもOK
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します

お問い合わせ【買替】

INQUIRY
売却プラン
問合せ内容【売却】
必須
物件の種別【売却】
必須
必須
万円
問合せ内容(購入)
必須
物件の種別(購入)
必須
マンション名(戸建ては住所)・物件価格でもOK
マンション名(戸建ては住所)・物件価格でもOK
マンション名(戸建ては住所)・物件価格でもOK
必須
必須
必須
(入力ミスにご注意ください!)
必須
(確認用)
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward